陛下退位、2018年12月、改元は2019年元日か?年末年始は記念日同然なので7月がいい。天皇の継承は、現実的に皇太子様→秋篠宮様→悠仁様か。本人の希望等で年齢を理由に退位できるなら年齢を理由に継承順位の変更ができてもよいのでは?

今日は天皇についてです
Meiji_Kenpo03.jpg

天皇退位のニュースが一斉に報じられましたね
政府は、天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位を、2018年12月中に行う方向で検討に入った。19年元日に想定する新元号への改元まで、一定の期間を置く方針だ。即位と改元を19年元日とする案も検討したが、早朝から新年の宮中行事が続くため、元日の即位は難しいと判断した。

2018年12月退位とか2019年1月即位とか
いや・・・まじで
12月とか1月とか避けてほしいのですが

年末年始は
落ち着いた形がみんなにとっていいのでは
そんなときに必死に働くとか
辞めたほうが

加えて
テレビやら報道やらがそればっかりになり
商売にいいことねーな・・・
って普通に思ってしまったり

年末年始は
記念日同然なので
記念日に記念日を重ねると損した感じなので
是非、他の日を考えてほしい


2019年カレンダー問題を考えると
2018年6月末ぐらいに退位、
現皇太子さま即位
7月中には新元号発表が一番落ち着くかなー


何がいいって
7月頭とか特にイベントないので
盛り上がってくれても
他に迷惑がかからないし

何もないからこそ
盛り上がってほしいところ

陛下の
一番最初の大きな行事が
終戦記念日になりそうだけど
それはそれでいいんじゃないかな

正月の一般参賀をメインにおくと
人の集まりが
すごいことになりそうなので
本当の皇室ファンが可哀想だし


それはそれとして
一番気になるのが
結局、日本の天皇はどういう継承の流れになるのか

次の元号は
そのときにならないとわからないですから
考えてもね

今の承継順位は
1位皇太子徳仁親王 57歳 第1皇男子
2位秋篠宮文仁親王 51歳 第2皇男子
3位悠仁親王 10歳 秋篠宮文仁親王第1男子
4位常陸宮正仁親王 81歳 昭和天皇第2皇男子

皇室典範の順位は
第1条
皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。

第2条
皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。
一 皇長子
二 皇長孫
三 その他の皇長子の子孫
四 皇次子及びその子孫
五 その他の皇子孫
六 皇兄弟及びその子孫
七 皇伯叔父及びその子孫

今の皇太子さまのお子様に男子はいないので
皇太子さまが天皇にお付きになられた場合
六 皇兄弟及びその子孫
七 皇伯叔父及びその子孫
しかいない

ということは
皇太子さまが辞めたいと言ったら
秋篠宮さまが天皇になるということ

秋篠宮さまが
皇太子さまより長生きされたとして
継承順位は第1位
それを放棄するとかできるのか

放棄すれば
悠仁さまに次の順番が回ってくるので
悠仁さまがなるということ


天皇は職業ではないにしても
さすがに年齢の問題は今回を機に考えたほうがいい
いくら長生きの時代とはいえ
80歳や90歳で天皇即位というのもどうなのか

年齢という形でいうのがまずいのであれば
天皇にも適格性の要件とかが必要なのですかね

みるところ
第3条  皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。

ここの基準がよくわからないですが、
皇室に籍を置きつつやりたくないなら
「精神若しくは身体の不治の重患」として
ゆずれるということなのでしょうか

不治ってすごいレベルの言葉・・・
これもあわせて改正されるのですかね


今上天皇(平成天皇)とその継承に絞って
今は考えているのだろうけど

ゆくゆくを考えると
女性天皇が認められないとすれば
秋篠宮さま
悠仁さま
の皇位継承の話もあるので

年齢を理由に退位ができるのであれば
年齢を理由に継承順位の変更もできるということ

天皇の在り方は今後、
議論が続いていくと考えたほうがよいですね
こちらもよく見ていったほうがよいです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448960676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック