【公務員に就職転職】公務員試験の面接ってどうなの?官庁訪問は?

今回は面接についてです

民間と変わらないかなと思いますが

営利団体じゃないので

そこのセンスが問われてますね

「採用」するか否かなので、面接重視

個人的な見解なので、

実際に採用された人の意見を

色々と聞いてみてください

公務員は「採用」試験です

確かに民間から出向とかありますが、

それは人事交流

試験ですので

ペーパー試験があります

ただそれだけで

当然、採用は決まりません

資格じゃない

重要なのは面接です

中央省庁なら官庁訪問ですよね

新卒は社会人経験ないので、

歴代の新人と同じようなことがちゃんとできるかなー

というところですよね

自分が新人の時になぞらえて、

良し悪しを判断しているかもしれません

以下は転職向けですが

社会人経験の部分を除けば

新卒だってそれが目線ですので

新卒にも当てはまります

必要とされる公務員像を考える

転職は

社会人経験を重視

当たり前ですが

プロパーがメインの職場

辞める人もいるでしょうが

組織が崩壊するときぐらいしか

大量退職はおきません

同期から辞めるのは

一人二人といったところ

ですので

別に困ってないといえば困ってない

よほど不人気な官庁は別でしょうけど

その中、あえて採用するんです

今の人たちで別に不満という不満はないけど、

公務員一筋なので能力の不足もあるかなー

そういう分野がわかっていて

公務員の素地もある人

いないかなー

というところです

公務員一筋にかけている能力って何でしょうね

それは、実務をしらんということです

ビジネスのサイドが高度化しているわけですから

公務員でも専門性がある程度は

求められてしまうということです

業界をしらないわけですよね

公務員の新人は

コピー取り、作文、役所の仕事の回しを

教え込まれますが

それは民間では経験といいません

特定業種の具体的な業務ができるのが

民間の経験ですよね

・工場管理ができますとか

・品質管理ができますとか

・代理店ビジネスができますとか

・貸金業ができますとか

公務員は

そんなことやらないわけですから

そういうことが分かる人

欲しいといえばほしいなーとなるわけです

ネットで検索したって

実際にやってる人じゃないと

業務なり商売はわかりませんから

といっても

公務員であってほしいわけです

悪く言えば旧態依然

よく言えば

ちゃんとしたピラミッドがあるわけで

それを崩して云々じゃないんですね

ですので

なんか知らないことを

わかりやすく説明してくれて

かつ、公務員としての素養

皆の話をよく聞いて、調整して、細道渡れますよ

っていうのが欲しい

社長タイプは

いらないということですね

左と右で別れたら、社長タイプはゆずりません

商売、間をとって真ん中で

なんてやっていたらうまくいきません

ですので

そうじゃない人が公務員に向いています

面接でみられているもの

で、面接です

その調整能力、バランス能力を

見ていると思ったほうがいいです

一つのテーマがある場合

・Aさんはこういうだろう

・Bさんはこういうであろう

色々な意見があるけれども

パニックにならず

自頭で考えられるか

強い押しをしてくる人間がいたときに

ちゃんと何が言いたいのかつかめるか

それに対して

振り絞って自分の考えを伝えられるか

たぶん、そういうところを見ていると思います

森友学園問題とか

みれば想像がつきますよね

安倍昭恵夫人がとか

財務省が籠池夫妻に巻き込まれ

えらいことになってますが

あーいうのを

うまくさばかないと

自殺しかねません

プレッシャーへの強さも重要です

自頭がいいか。結局、一つ光るものがあったら、すごいなと相手は思う

公務員は異動が多いです

2年3年で職場を変わります

特にキャリア、総合職なんて

畑違いのこともたくさんします

農業やったと思ったら

道路とか、教育とか、金融とか

いろいろある

別にキャリアじゃなくてもみんなそう

とすると

違うテーマで次々に違う人に攻めてもらって

いろいろとみてみたいですよね

官庁訪問はそんな感じ

色々な人に会います

採用する側は

あんなのとったのは誰だ!とならないよう

保険をかけているとも言えますが

ジャンルが違う人たちと会ったときに

どう立ち回るかね、やりとりするかね

というのを見ている

だらだらしゃべる必要はないともいます

光る言葉があれば、十分です

刺す言葉ですね

それぞれのジャンルで

第一線を張っている人たちが

面接の相手をしてくれます

人事を仮に今していたとしても

原課で評価されて

今人事をしているだけです

だから

こいつ、わかってるじゃん、という判断が

当然にできます

「わかってる」感じが伝われば

できるじゃん、てなります

もしその場で困ったら・・・

一番やりやすいのは横に広げるか

深堀りです

最低限の知識がない場合

わからないものはわからない

その場合は

「横に広げる」しかないですよね

うまく聞き出して

自分の土俵にもっていってください

「深堀り」は、知っていたら有効です

結局それがいいと言っているけど

本当はあっちのほうがいいんじゃないかなど

それぞれウソがあるわけなので

困ったらそういう視点で考えてみるといいかもしれません

何が課題で

どういう経緯があったのか

どういう選択肢があるのか

どれを取るべきなのか

これぐらい筋道立てて話せれば

専門性の部分はOKでしょう

って、当然

面接はこれだけじゃないですよね

志望動機

なぜうちなんですか、があるわけです

これは、次で記載します

公務員への就職転職で、志望動機は非常に重要です。点数が同じ、同程度の人物となったとき、最後は「志望動機」と「熱意」が採用を分けます。志望動機を伝える際の話法について、考えていきます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする