bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【公務員に就職転職】志望動機ってどうなの?熱意です

今回は志望動機についてです

資格試験は

勉強ができるかできないか、ですが

就職試験は

採用したいと思うか

点数が高いことも

専門性も必要ですが

人柄も重要です

 

どう言えば伝わるかは、

自分なりに考えたほうがいいです

そこが「熱い思い」になります

切り口は同じです

自分は

・こういったことに関心を持っている

・こういったことに取り組んできた

・こういった経験がある

そうしたこと通じて

・何を感じたのか

・何が問題だと思ったのか

・何がやりたいと思ったのか

そうした思いと

希望する組織は何の接点があるのか

どう貢献できるのか

どう成長していきたいのか、

など

自分の言葉、経験の基づいて、

ゆっくりと話しましょう

緊張をすると早口になりがちです

パーッと話をしたくなります

人前で話すことに慣れていない人は

遠くを見ながら、

ゆっくり、しっかりと話して下さい

そのほうが伝わると思います

よく、予備校の授業とかで、

早口の先生がいますよね

それは相手が聞こうとしているからいいんです

時間内にやることがたくさんある、

だからしょうがないと思って、

受講生も聞いているはずです

ただこれは就職試験です

相手に聞かせる必要があります

本命じゃない場合

 

本命じゃない場合、

「熱い思い」なんてない

という場合があります

ただ選んだからには

何かしらの理由がありますよね

それを丁寧に

わかるようにはなせばいいだけです。

特に転職の場合は新卒ではないので、

ちゃんとストーリーがつながるように

話をすることが大切です

逆にそんなこともおかまいなく採用となる場合は、

入った後は後悔するかもしれません

公務員の場合、ないと思いますが、

・とにかく人が足らない

・手ごまが欲しい

といった会社は

丈夫そうであればオッケー、

というところがあります。

こういうケースは

例えば、常駐現業系の業務にあります

営業先から人をもっと用意してくれませんか、

といった場合、

面接中の人間の情報を勝手に作成して、

こんな人間が入りますから、大丈夫です、

みたいなやりとりをしていることがあります

とにかく人を張らなければならないんです

すると、甘い面接になります

あー大丈夫そうだな

が確認できればいいだけです

ですので

なんか受かっちゃった!

という場合は、想像と違った、

などの罠がある可能性もありますので、

気を付けてください

手書きが求められたら、丁寧に書く

 

官庁訪問とかだと

訪問したらまずその場で

手書きのエントリーシートを書く

といったケースがあります

ですので

下敷きを必ず持参してください

方眼下敷を

つねにバックに入れておくといいです

マス目があるので

字が下手な人でも、バランスよく書けます

商品自体は300円しません

ボールペンはお気に入りので十分です

ただ記入した紙はコピーして、

多数の面接官に配られるでしょうから、

細すぎないほうがいいです

練習の際に

それをコピーして、

どのように見えるのか、

確認してみてください

と、手書きですよね

小さな字で書いても見えません

ですので

ちゃんと見える字で

「ポイント」を書くことになります

欄の項目名を見て、

箇条書きにするか、

文章にするかは決めてください

趣味などは箇条書きでイイですが、

志望動機は文章のほうが良いに決まっています

よく

質問をしたがるような形で、

ポイントをまとめる、といいますが、

本当に質問しなきゃわからないというのはダメです

端的にまとまっていて

よくわかりました

深堀させてください、程度の意味

面接官の第一印象は、

顔でも、挨拶でもありません。

あなたが記入した紙です

コピーして渡された紙です

ですので、そういうところで

変な減点をされないようにしてください

達筆である必要はありません。

丁寧に書いてあることが重要です

汚くても丁寧であれば大丈夫です

点数が悪くても面接が良ければ

受かる人がいます

点数が良くても面接が悪ければ

落ちます。

ですので、試験勉強も大事ですが

これが就職試験であることを忘れずに、

ちゃんと面接に挑んでください

他方で

公務員の職種によっては、

そこまで面接の比重が高くない場合もあります

中央省庁と市役所が同じレベルで

面接をするわけではありません

では、楽勝なのかというと

逆に回数が少ない分

一回一回をちゃんとやらないと

いけないということです

ですので

対策はちゃんとしてください

 

省庁なら各省庁、県庁なら県庁と

個性は違いますので、

説明会や職員の方と話すなどして

雰囲気をつかんでください

ここでは、基本的に、自分が一人で、

相手が面接官というケースを書きました

グループ討論は?

といった疑問もあると思います

それは次に書きたいと思います

ちなみに、

当然、各組織体ごとに個性があります

ですので、

採用基準も個性があります


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする