【公務員に就職転職】仕事は楽しいの?自分のおもちゃを見つけましょう!

今回は

仕事の楽しさについてです

images.jpg

歴史がある部署ほど

過去の仕事を引き継ぎますので

新しいことをすることは難しくなります

過去を引き継ぐゆえに

後ろ向きの仕事も多かったり

ポイントは

自分の権限内で泳げるかですよね

後ろ向きな仕事とは

後ろ向きな仕事は当然あります

民間でもありますよね

例えば、クレーム対応

社会勉強にはなりますが

そうした対応は、

やはり、ただの苦痛です

苦痛の理由は理不尽

なんで、

この印字はここで切れているの?とか

システムの仕様でそうなっていまして

といって納得してくれません

あなたが

設計したわけでもありません

でも、

あなたが謝り、

対応することになりますよね

公務員も同じです

消えた年金問題とかありますよね

あなたは

その当時の担当者じゃありません

あなたは何もしりません

人事異動でそこに来ただけです

でも、すべての不手際は、

そこにいるあなたが担当する必要があります

例えば上司から

説明ができてない!

あの件はなぜそうだったの?

これじゃあわからないよ!

とか言われても、

前任者が知りませんと丸投げされても、

あなたの責任です

都合の悪いことは

全部シュレッダーにかけているか

捨てていたりすることもあります

もしくは、たどれないように

倉庫の奥深くに隠していることも

ありえますよね

そんなわけないじゃん

ちゃんと引継ぎするじゃん

とか思うかもしれませんが

実社会、そういうところがあります

部署によっては仕事の9割が

負の遺産との戦いだったりします

負の遺産というのは

ずっとディフェンスですので

どう整理して防御しても

穴があって

穴が突っつかれたらどうするんだ?と

マイクロマネージメントが

好きな上司がいってくるので、

つまらないわけです

とりあえず、

足元、問題になっていないのなら

やっておきます!と

テキトーに受け流せれば勝ちですが

生産的でないので、

面白い仕事ではないですよね

でも

1割ぐらい楽しいものもあります

創るときというのは

負の遺産がないので楽しいです

色々、自分で決めていいし

仕事もスムーズにいきますからね

要するに

仕事を楽しめるかは

自分のおもちゃを持てるかです

自分のおもちゃなら

自分で決めて、進めていいわけですから

喜怒哀楽あれども楽しいですよね

ただ、これは

自分の権限で遊べるところを遊ぶわけですので

自分で探す必要があります

でも

国・地方自治体レベルですから、

様々な業務があります

そして

どのランクであっても、

遊べるところはあります

もし働くことになったら、

自分のおもちゃをまず見つけてください

自分の泳げるところを見つけると、

仕事は楽しくなります


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする