bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【就職転職アルバイト】結婚、子供のいる女性が働きやすい職場は?ブラック企業とホワイト企業の見分け方

セクハラに続いて

パラハラ、マタハラも普及してきました

働く側にとって重要なのは

ブラック企業はブラックだし

ホワイト企業はホワイト

その見極めですよね

どうやって判別するか

ちゃんと時間に帰れるのか

お金はでるのか

そんな視点からです

ブラック企業とホワイト企業の見極め方。業種で判別?聞いてしまったほうがはやい

ライフワークバランスの観点から

ブラック・ホワイトを悩んでいる場合

一番簡単なのは

業種で判別することです

例えば専門職

弁護士しかり

会計士しかり

お医者さんしかり

コンサルティングも含めてみましょう

これらに共通しているのは

特に法人を相手にしていればしているほど、

急なオーダーがあるということです

急なオーダーを受けれないと

仕事にはなりません

困っているから

今すぐお願いしたい

特に夜にきて、明日まで!とか

弁護士や会計士なら必ずあります

この手の職種

もしくはその事務等の業務は

ライフワークバランスは難しいでしょう

職場が配慮してくれても

結局、家で業務をしたりとか

持ち込み仕事も多いですよね

とはいえ

専門職の場合

パートであれば時間で帰れます

特に、薬剤師は

病院は大変ですが、薬局であれば

パートは時間の調整が聞きます

ママにはうれしい専門職ですね

一般企業の場合は

業種で判別するのも有効ですが

正直に素直に

何時に帰れるのか

帰っているのか

聞いてしまったほうがいいです

向こうも

直ぐに辞められては困りますので

ちゃんと要望を言えば

採用する場合はそこを配慮してくれます

価値観の軸を決めること

重要なのは

自分の価値観をどこに置くか

家庭と子供に重点を置く場合

仕事にばかりウエイトをおけません

偉くなりたいのであれば

仕事にウエイトを置くしかありません

その場合は

家庭と子供をある程度は

犠牲にするしかないでしょう

どの程度を犠牲するのか

それもやはり業種次第です

例えば

単純に霞が関を考えてみましょう

帰るのが終電、タクシー帰り

このようなところで

家庭と子供を重視する場合は

出世はあきらめたほうがよいです

それを犠牲にして

働いている人が多いからです

病院勤務も同じですよね

労働時間が長いので

同じような話です

仕事と家庭と子供のバランスを取りたい場合

重要な視点のひとつが

自分のペースで仕事ができるか

自分で仕事をコントロールできるか

そういった業種・会社を選ぶことです

霞が関も病院も忙しいのは

自分で仕事がコントロールできないから

政治家から急なオーダーが

米国から急な話が

国会で質問が

患者が来る

患者の様態が変わる

まったく

自分でコントロールできませんよね

スケジュール管理が

自分のペースでできません

管理ができるとは

今日やることが

はっきりしているということです

そして

自分と他の人の仕事の役割も

はっきりしていて

分業・協業が明確になっているということです

こういう

会社・部署で働く場合は、

仕事・家族・子供のバランスがとりやすいです

ですので、

一般企業が

ホワイトかブラックかを見極めたい場合は

労働時間、いつ帰れるのか・帰っているのかと

その裏付けとして

・毎日何をするのか

・やることは決まっているのか

・分業・協業はちゃんとしているのか

も確認するとよいです

労働は人生の一部です

自分が望む生活と労働のバランスを獲得し

充実した毎日を送りましょう