公務員の退職はいつ伝えるべき?王道の2-3ヵ月前に伝え、ボーナスをもらう月に辞めればいいです


嫌がらせをする企業を想定して、『いつ退職をすべきか、退職をいつ伝えるべきか』について、退職経験に基づき、職場に言い出す前に

  • まず考えたほうがいいこと
  • 調べておくべきこと

を書きました。もし、気になる方がいたら、下もお読みください~

退職はいつ伝えればいい?ボーナス(賞与)と退職金規定を確認。新職場の出社日、引継、有給休暇の残数が重要
ボーナス(賞与)と退職の時期。いつ辞めるのが損しないか。ボーナスの算定期間と評価のされ方は確認すべき

今回は、公務員を退職する際の『退職を打ち明ける適切な時期』についてです。このページを見ている方の多くは、後は退職の仕方をどうするか悩んでいるだけだと思うんですね。

というか、これが一番、精神的にしんどい・・・

一般的な退職手続(必要な書類)は、チェックリスト付きの退職マニュアルを丁寧にまとめたサイトがありますので、検索すればすぐに見つかります。また、役所や会社特有の退職手続きは、上司に伝えてから段取り等を教えてもらう形になりますので具体的な流れはそれに従えばいいだけです。

一方で、金銭的な話を踏まえた退職の時期や余った有給休暇の取得については、そんなことはネットを検索してもなかなか教えてくれません。こればかりは経験者に聞かないとわかりません。

ですので、ここでは、そうした視点から、公務員から民間企業に転職したことのある有識者たちの経験談を書きます。気楽にお読みください。

現場系の警察や自衛隊などの特別な職種については周りに経験者がいないので、申し訳ないですが、わかりません。






非常にオーソドックスなパターン。淡々とやるだけです

一言でいえば、公務員組織はしっかりとした組織です。そして、レピュテーション(風評被害)を恐れます。ですので、金銭面で嫌がらせをするようなことはありません。2-3ヵ月前に『退職届を出します』と直属の上司に伝えれば十分です

注意は、退職願ではなくて、退職届です。「願」にすると、向こうが決定してよいことになります。引き留めにあいたいなどのニーズがあればそれでいいですが、そうした面倒なプロセスを省きたい方は固い決意を示し、「自分でやめます」と伝えれば上司もそれ以上は言えません。

そうした態度の方が、上司も「意思は固いようです」と人事に伝えやすいです。

経験談をもとにすれば、金銭的な嫌がらせがない以上、退職したい2週間前に切り出すとかではなく、まさに『2-3ヵ月前に上司に伝える』という王道のやり方が、一番、トラブルもなく、快適に残り数ヶ月を過ごせると思います。

公務員の場合、ボーナス(賞与)を減額するとか、退職金を減額するなどの措置は、懲戒処分であればありえますが、自分から一身上の理由で辞める場合は、そうした減額はおきません。規定にそのような定めがないからです(気になるのであれば、退職金規程などをご確認ください)。逆に言えば、規定にそのような減額規定がないからこそ、規定に基づき、受け取るべき金額が満額、しっかり出ます。

ですので、金銭面で一番損をしない退職時期ですが、可能であれば、普通の企業とボーナス(賞与)のもらう時期は6月/12月と同じですので、それをもらってから次の職場に行けば、ボーナスの査定期間などのロスが一番小さいです。

一般的に、企業のボーナス査定期間は

  • 12月から5月
  • 6月から11月

ですので、6月にやめて7月から働くなら6月の労働期間が、12月に辞めて1月から働くなら12月の労働期間が、新しい職場ではカウントされません。一か月のロスで終わります。

企業によってはボーナスの査定期間や年1回、3回などの会社もありますので、気になる方は、新しい職場の人事制度をエージェントを通じて確認してみるとよいと思います。住宅ローンを借りていて、ボーナス時期について確認しておきたい、みたいなトーンでです。






有給休暇はどうする?

有給休暇は言ったもの勝ちです。権利は言わないと行使できません。

退職前に有休を使うんだって、なんて話が職場に広まると職場にいずらい雰囲気ができるかもしれません。周りが、転職して当たり前だよな、の空気の場合は、『よくやった、むしろグッジョブ』みたいに送り出してくれたりもしますがw

有休を取るかどうかは別に、そのあたりの公表の段取りは、上司にお任せする形が良いです。人事はとかく、外に出してはいけないというのが暗黙のルールです。言いふらしたらその人の責任です。だからこそ、一任したら逆にうかつに言いふらしません。

退職といえども役所の手続きなので、退職のロジ(手続き)はスケジュール通りに進むだけです。役所の場合は、上司が退職手続きをグリップするので、その指示に従って退職手続きを進めることになります。

ですので、2-3ヵ月前に退職を打ち明けたからといって、その場で、『直ぐに退職届だして』『ここに名前書いて』『ここにハンコ押して』とはなりません。退職日の一か月ぐらい前になって、上司に呼ばれて、お決まりの手続きが粛々と進んでいくだけです。

で、有給休暇についてです。もし、やりかけの仕事があるとか、引継ぎが難しい状況なら、退職の一ヶ月ぐらい前のときに『引継ぎをしたいのですが』といって、『引継ぎが終わったら、実家に帰りたいので2週間ほどお休みいただいてよいですか。2週間で引き継ぎます』と、そのような形で謙遜して切り出してみてはいかがでしょう。

『何があってももう来ないからね』と、今の仕事を丸投げドーンのような焼畑農業的な去り方もいいですが、過去の同僚の一部とは、今後付き合い続ける場合もあるでしょう。仁義をつくしておいたほうがいい場合は、尽くしておいたほうが人間の格をさげないです。

役所は嫌がらせをする会社ではありません。良くも悪くも常識人が多いので、退職手続きは粛々と、淡々するやり口のほうが、トラブルなく、快適に終わります。

仮に、特に忙しくもなく、引継ぎが容易な状況が想定されるなら、民間企業の場合、普通は有休を全部消化して辞めます。有休は次の会社に引き継ぎません。辞める月一か月はフルでお休みをとり、海外旅行などに行かれる方が多いです。

退職を切り出した際に向こうが使う戦法ですが、マーケティングによくある手法で『相手の良心に訴える』というやり口があります。例えば、よく一つ高い漬物を試食できる形で、スーパーで売り子の人が立って販売してますよね。どうぞ、どうぞ、といって、彼らは食べるように促してきます。

『食べる』⇒『買わないとばつが悪くなる』⇒『買う』

という行動をとることが多いことを知っているからです。これを、返報性の原理といいます。お返しをしないといけない、という心理です。これも同じなんですよね。

有休をとるのがバツ悪そうな状況にもっていって、そういうことを言い出さないようにもっていこうとしています。

みんなに迷惑かけるけど、僕が段取りを組んで、円満に退職させてあげあるから、だから最期まで働くよね、みたいなやつです。

仕事のめどがたっているのであれば、退職を切り出した時に、有休があるので最期の一か月はお休みさせていただきます。引継ぎの書類はつくりますので、最終出社日(※ 退職日の30日前)前の2週間は引継ぎをさせてください』と、その時にまとめて宣言してしまいましょう。

すると、こちらのペースになりやすいです

そもそも大組織は中小企業と違って、自分がいなくても回ります。本当に仕事ができない状態というのは、『本日は営業できません』のレベルです。なので、そのレベルにないなら、旅行とか、ゲームとか、好きなことをして羽を伸ばしてください。それは、働いている者の最後の権利です。

これで終わりでは無く、次の仕事が待っているわけですので、リフレッシュして、スッキリして、新しい職場に臨んでください

ちなみに、私は、退職の辞令は、出向くのも面倒なので(海外旅行にいったので)郵送してもらいました。無論一ヶ月前から有休を使いました。そういう人もいます。・・・てか、わざわざ手渡しでもらわなくてもいいでしょ、そんなもん