【1分で確認!】正しい日焼け止めの選び方・塗り方は?用語を理解し、正しく商品を選びましょう!

敏感肌、アトピーっ子には

とくに夏はきつい季節

夏は汗が天敵

ただそれ以上に

危ないのが日差し!

そう、日焼けです

昔は

外で遊べ!真っ黒な肌は健康だ!と

称賛されてましたが

タダの火傷ですからね・・・

自分のお肌の調子をみて

注意しましょう

最近は半年以上

日差しが強かったりもするので

日焼け止めについて

選び方、塗り方を改めて考えてみました

業者の人間ではないので

我々は正しく商品を選べればよい

そんな観点から

押さえておきたい用語はUVAとUVBです

UVは紫外線です

ではAとBでは何が違うのか

 

UVAは

地表に届く全紫外線のうち約95%をしめ

肌の奥まで攻撃すると

イメージしておけばよいです

ハリや弾力を生む

コラーゲンやエラスチン

ヒアルロン酸などを作り出す

繊維芽細胞に損傷

シワやたるみ

そしてシミの原因へです

つまりUVAは「美容」です

UVBはどうか

UVBは全紫外線の約5%

肌の表面で吸収されるため

細胞を損傷し火傷のように赤くなる

メラニン色素が沈着して褐色になる

つまりUVBは「火傷」です

UVA・UVBを防ぐためには

敏感肌の人にとって

危険なのはUVBです

山登りとか

日差しが強いところに行くと

顔が真っ赤になってしまいますからね・・・

UVBを防ぐ指標は「SPF」です

SPFはSun Protection Facor

SPF50とは

UVBを約16時間カットできるという意味です

では

UVAを防ぐ指標はというと「PA」です

PAはProtection of UVAです

それぞれの効果の強さですが

これは両社共通

「+」の数が多ければ多いほど

効果が強いです

シーンによって使い分けるべき?

+++の数が多いのを使えば

いいってことだね!

と思ってしまいますが

日焼け止めは

お肌に負担をかけます

あと

お金がかかりますね・・・

世間で言われている目線は

普段の生活は

SPF20、PA++

日々の運動は

SPF30、PA+++

海や山、レジャーなど一日中外は

SPF30超、PA+++超

です

ですので

SPE30、PA+++が目安ですね

SPEは

数字が大きくなると

紫外線反射剤から紫外線吸収剤になるので

肌に負担が、といわれています

日焼け止めは二度塗りです

日焼け止めの塗る箇所ですが

顔、首筋、耳後ろ、腕、足

肌になじむものではないので

30分前に

二度塗りが基本です

塗る量は

顔、首筋、耳後ろで

手のひら半分ぐらいの量

薄くむらなくぬりたくなりますが

ちゃんと量をぬらないと

効き目がありません

あと

汗で流れ落ちてしまいますので

3時間たったら

簡単に塗りなおしたほうがよいです

お肌に負担をかけるものですので

一日の終わりには

お風呂に入ってちゃんと落としましょう!

 

最近は

飲む日焼け止めも出てきてますので

塗るのが面倒な方は

そちらを利用するのもおすすめ

太陽の日差しに負けず

きれいなお肌をキープしましょう

紫外線から男を守る!ノンケミカル処方で優しいUVクリームジェルはこちら 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする