【攻略】ロト6で出やすい数字は。過去半年から抽出。法則から当選確率を高める(随時更新)


ロト6は、一週間に二回、開催されまています。

ですので、一年間を52週とすると、

104回、当選の機会があります。

1から43の数字のうち、

6個を選ぶ方式(重複はなし)

ちょっとした法則がありますので

当選確率を高め、

ロト6当選の栄光を勝ち取りましょう!

※ 最新データは2018年7月26日(木)です

1から43の数字。出る確率は本当に同じ?

高等学校教育ででてくる確率

有名なのがサイコロの目ですよね

1から6の数字

繰り返し繰り返しやっていくと

各目の出る確率は1/6に近づくといいますが

実際は簡単に収束がおきるわけではありません

試行回数が50回、100回くらいであれば

各目が出る確率(理論値)は1/6=17%ではなく

5%から35%の間などかなりばらつきがでます

何がいいたいかというと

ロト6も同じだということ

ものすごい長い時間軸で見れば

各目がでる確率は均等になると思いますが

直近50回という目線で見れば、

出やすい目が存在するということです

この半年(52回)、四半期(26回)で出やすい目は

4、9、11、37が、半年、四半期でよくでています

最近、出るようになってきたのは

1、6、7、18、24、29です

直近52回直近26回
1106
274
3105
4138
563
6106
7108
893
9116
1093
11137
1242
1342
14103
15135
1695
1764
18106
1952
2093
2154
2274
2384
2496
2560
2683
2793
2884
2986
3074
3195
3294
3381
3495
35115
3673
37158
3853
3974
4073
4184
4284
4374

さらに当選確率を上げるためには

過去の実績に基づくと

一等は、該当なしか、該当が出ても、

口数が指の数(1や2)であることが多いです

つまり、過去の例を見るに

周りが買いそうな数字は買わない方がいいです

また、ロト6は

前回でた数字の一つがでることや、

数字が横並び(3と4など)になることも多く

そうした法則を使うと、

当選確率がぐんと高まります

買わないと当たりませんので、

根気よく買っていきましょう!