bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

トレンドアフィリエイト、関連コンテンツとGoogleアドセンスの報酬との関係性。記事中・記事下とどちらが稼ぎ頭か

こんにちは、ヤギです

ネットビジネスを始めた多くの人は

グーグルアドセンスの攻略に

取り掛かると思います

今回は、

3ヵ月寝かせておいた新規ドメインで

トレンドアフィリエイトを行った場合の実績と

関連コンテンツの関係についてです

実証結果は

2017年のものであり

一つの参考として考えてください

 関連コンテンツとは

関連コンテンツは、下記のように、

自分の記事へのリンクがサムネイル画像つきで

表示されつつ

広告も表示されるといものです

関連コンテンツは

一定の条件を満たしたサイトしか

googleアドセンスでは使えません

基本的に相応のPVがあり

記事数があれば

サイト作成後10日程度で表示されます

(実験済)

 googleアドセンスの報酬の計算の仕方の確認

googleアドセンスは

クリック型の報酬体系です

インプレッション型、

いわゆる表示されれば報酬が入る広告も

ないわけではないですが

基本は

クリックがされて報酬が入ります

個人的に

広告がないと寂しいサイトにもなってしまうので

サイトの見栄えの観点からも

ある程度の広告を張ったほうがいいと思います

で、報酬の計算ですが、これは

クリック数 × クリック単価(CPC)

=PV数(表示回数)× クリック率 × クリック単価(CPC)

です

ゴシップ系で、

100記事を投入し150記事超えとした

あるサイトで運営してみました

その結果が以下です

トレンドですので

その時、その時の旬な話題を

あてにいっていますが

ドメインも

5月目にはいったものでしたので

aging filterの影響も弱まっているようで

googleやyahooで

上位表示ができるようになってきたころです

他のライバルサイトに出遅れても

SEOで強くなると、追い抜くことができます

平均的に日次で2-5万PVありますが

あてたときは10万-25万PVを記録することが

できるようになってきています

クリック率は0.33%

クリック単価は17円でしたので

そのサイトの5月の収入は8.6万円でした

そうしたサイトを複数運営すると

収入は倍数で増えます

 関連コンテンツの占める割合

関連コンテンツの実力を検証するために

クリックの割合で比較したものが下表です

日々の変動はありますが

平均的には40%程度

クリックのうち

4割が関連コンテンツですので

クリックという観点では

相当効果的だということですよね

他方で

報酬ベースで見てみると

30%程度です

これは

関連コンテンツのクリック単価が

普通の広告よりも低いことを示しています

 重要なのは記事下、記事中

報酬の3割は関連コンテンツ

報酬の7割は、といえば

他のアドセンス広告です

つまり、記事下、記事中です

関連コンテンツは

高いクリック数から

ユーザーに魅力的な記事(広告)を見せる

という意味で有効ですので

関連コンテンツを張らない

というのは損をしていると思いますが

アドセンスの稼ぎ頭は

やはり記事中、記事下

そこにしっかり

大きめの広告をはるようにしましょう


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする