bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

イーサリアム(Ethereum)のETN【ナスダック上場】は投資すべき?メリット・デメリットは【ETNとは】

こんばんは、ヤギです

イーサリアム(Ethereum)のETNの

ナスダック・ストックホルム上場が

報道されましたね!

今日は

この件について考えていきたいと思います

イーサリアムにフォーカスした初めての投資商品が、ナスダック・ストックホルムに上場することが10月11日にアナウンスされた。

この商品はイーサリアムをベースとするETN(Exchange Traded Note、上場投資証券)で、イギリスを拠点とするCoinShares社が提供する。

ヨーロッパでは2015年からビットコインのETNも流通しており、仮想通貨を伝統的な金融市場へ持ち出すというトレンドは今後も続く可能性がある。

現在ビットコインやイーサリアムなどの複数の仮想通貨をバスケットにした投資商品はいくつか存在するが、今回のイーサリアムETNによって、投資家はイーサリアムだけにフォーカスして投資することが可能となる。

今年6月、ヨーロッパにおけるビットコインETNの運用資産残高(AUM、Assets under management)は60日間の間に5000万米ドルから1億米ドルへと急成長したと報道され、その需要が大きく高まっていることが報道されていた。今後、イーサリアムのETNがヨーロッパ市場でどのように普及していくかが注目される。

イーサリアムにフォーカスした初めての投資商品が、ナスダック・ストックホルムに上場することが10月11日にアナウンスされた。この商品はイーサリアムをベースとするETN(Exchange Traded Note・・・。

イーサリアム(Ethereum)は

P2Pのデジタル通貨としての機能しかない

ビットコインに比べ

スマートコントラクトを使った

様々なサービスが期待でき

将来性がある仮想通貨で、有望なプラットフォーム

イーサリアム(Ethereum)について知りたい方はこちら

イーサリアム、スマートコントラクトとは。メリット・デメリット・特徴についてです

イーサリアム(Ethereum)が

投資商品として広がりを見せるのは

イーサリアムの投資家にとってはうれしいですが

ETNに投資するかといわれると

ちょっとなーと思ってしまいます

これから、日本でも

仮想通貨のETN商品が出てくると思いますので

ETNのメリット、デメリットについて

改めて整理しておきたいと思います

 そもそもETNとは?ETNって何?

ETNは指標連動証券と訳されており

上場投資信託のETFとは別物です

双方、上場商品ですので

金融商品取引所において

リアルタイムで売買が可能ですが

ETFが実際の裏付け資産があるのに対し

ETNは裏付け資産がないです

はじめてETNに投資される方は

何を言ってるの???となるかもしれませんが

ここはかなり重要なところです

 ETNで仮想通貨に投資をするメリットは?

本件であれば

ナスダックに上場しますので

ナスダック市場を扱っている証券口座から

仮想通貨に投資をできるのはうれしいですよね

証券口座を扱っている

証券会社などの金融機関は

口座の開設・利用が見込めますし

証券口座をメインに利用している

投資家にとっては

仮想通貨投資を含めて

投資の一元管理ができるのでメリットがあります

信用取引、証拠金取引をしている場合は

全投資商品で管理してくれたほうが楽なので

相応のメリットがあると思います

 ETNで仮想通貨に投資をするデメリットは?

簡単に言ってしまえば、ETNは、

ETNを発行した金融機関が

イーサリアムに連動しますよと

イーサリアムの価格での売買を保証しているだけ

裏付資産として

イーサリアムを持っているわけではありません

つまり

リーマンショックを端緒とした

2008年の金融危機のときにも

ETNは問題となりましたが

イーサリアムのETNは

イーサリアムの取引価格での売買を

金融機関が保証しているだけで

イーサリアムを実際に保有しているわけではないので

その金融機関に

倒産リスク(信用リスク)が発生すると

償還することができないのではないかという懸念から

ETNの価格は

イーサリアムの価値と無関係に暴落します

また、

ETNはノート(社債)です

ですので、

満期が定められています

イーサリアムに直接投資をしている人は

満期などありませんが

ETNは満期が存在しますので

満期のイーサリアムの取引価格が償還金額となります

償還時に

イーサリアムをもらえるわけではないのも

注意です

特に気を付けたいのは

レバレッジがかかった運用

金融機関は

ETNの価値が

イーサリアムの値動きに連動することを

保証していますが

レバレッジがかかっている場合

2倍であれば

値上がり・値下りが2倍になります

そうした倍々で

償還される可能性もあるということです

個人的には

証券口座でイーサリアムに投資ができるのは

仮想通貨投資のすそ野も広がりますので

グッドニュースだと思いますが

ETNは

金融機関がイーサリアムの価値に連動することを

保証しているだけですので

金融危機時は

イーサリアムの価値と

連動しない可能性があります

それであれば、ETFという形で

ちゃんとイーサリアムを裏付け資産とした

投資商品に投資したいところですが

金融機関で商品開発をする人は

そこが面倒なんでしょうね

ETFの場合も

金で話題になりましたが

実際に金を裏付け資産としているのか

なにかあったら

本当に金がもらえるのかというと

世界で存在している金のETFに対応するだけの

金はこの世の中に存在しません

といったことが昔、よく話題になってました

仮想通貨を

仮想通貨そのものではなく

金融商品で投資する場合は

海外送金を低コストで行えるなどの

仮想通貨そのものがもっている機能は

使えないということも

よく認識しておきたいですね

個人的には

仮想通貨のメリットを理解して投資をするなら

仮想通貨取引所で

仮想通貨を購入したほうがよいと思います

★初めて仮想通貨に投資をする場合のおすすめの大手仮想通貨取引所はこちら

初めて仮想通貨に投資をする場合、どの仮想通貨に投資すればよいのか、どこの仮想通貨取引所を使えばいいのか、悩みますよね。仮想通貨の価値、なぜ値上がりするのかなど、基本的なことを解説します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする