bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ハードフォークでのビットコインゴールド【BTG】付与に対する大手日本仮想通貨取引所の対応比較。ビットコインを売買するおすすめは【coincheck, bitflyer, zaif】

ビットコインゴールドに対する

日本大手の仮想通貨取引所の方針がでてきました

日本大手の定義は

ビットコイン【BTC】の流動性、

取引所の取引量の大きさに基づいています

仮想通貨取引所ごとのビットコイン取引量はこちら

ビットコイン取引の流動性、仮想通貨取引所ごとの取引量について整理しています。そうした観点から、ビットコイン取引を考えている初心者におすすめの仮想通貨取引所についてです

その整理から

ここでは、coincheck、bitflyer、zaifを扱います

本件、なぜ、

もっと早くに方針を公表できないのか

と仮想通貨取引所を責めたくもなりますが

原因はビットコインゴールド側

BTG は 2017 年 10 月 21 日時点においてリプレイアタックに向けた対策は未実装、Equihash PoW への移行は未完了、BTG 分岐及び BTG のブロックチェーンの稼動スケジュールは未確定、ブロックが安定的に生成されるか不明の状況です。

bitflyer

ビットコインゴールドの特徴は

 BITCOIN

BITCOIN GOLD

BITCOIN CASH

SEGWIT 2X

 BTCBTGBCHB2X

Supply

21 Million

21 Million

21 Million

21 Million

PoW algorithm

SHA256

Equihash

SHA256

SHA256

Mining Hardware

ASIC

GPU

ASIC

ASIC

Block Interval

10 Minutes

10 Minutes

10 Minutes

10 Minutes

Block size (actual)

1M (2-4M)

1M (2-4M)

8M (8M)

2M (4-8M)

Difficulty adjustment

2 Weeks

Every block

2 Weeks + EDA

2 Weeks

Segwit

 

Replay protection

 – 

Unique address format

  

※ bitcoin goldのホームページはこちらです

Now you can mine Bitcoin Gold with your GPU. BTG implements a new PoW algorithm, Equihash, that makes mining decentralized again.

ホームページのカウントダウンを見る限り

ビットコインゴールドのハードフォークは

ブロック491407時点で起きることが見込まれます

時間は、日本時間だと

2017年11月24日 21時40分?ですが

そこまでに、

表に掲げた特徴を実装できるのか

10月21日時点でもわからない、という状況です

Bitflyerの対応 10月21日時点

ビットフライヤーは、

日本時間の10月25日 21時頃にハードフォーク

このときに

bitflyerアカウントで保有している

現物ビットコイン数量に応じてBTGを【原則】付与

としています

売買サービスの開始は

11月1日以降と未定ですが

BTG ブロックチェーン稼動後、BTG 分岐が恒久的であり、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合に限り、お客様に BTG の付与、及び BTG の売買サービスの提供を開始します。

としています。

預入・送付サービスは

分岐後のBTGブロックチェーンの動向を見て判断

という状況です

売買にいち早く対応ですが

原則付与とは、

当社が

BTG 分岐を恒久的ではない、

お客様の資産保護等に問題がある(リプレイアタックに向けた対策が不十分である、プロトコルに何らかの脆弱性がある等)、

その他の理由により付与が適切ではないと判断した場合は

BTG の付与を行わない可能性があります。その場合、一切の損害について当社は補償いたしません

(略)

リプレイアタックに向けた対策が実装されない場合は分岐後に片方のチェーンでのコインの送付において、意図せずもう片方のチェーンでもコインが送付されてしまう可能性があります

ということ

BTGの特徴が

まずしっかりと実装されるかがポイントです

これをみると、

Segwit 2Xは

リプレイアタックに対して対策をしない

ということですので

付与が難しそうな印象を受けます

bitflyerはB2Xについては

方針を公表していませんので

来月のB2Xの動向は

よく追っていく必要がありますね

Coincheckの対応 10月21日時点

コインチェックは、

Bitcoin Goldの付与を行う予定です

ハードフォークの時期は

日本時間の2017年10月25日の見込みとし

Bitcoin Goldの安全性・安定性の確認後、

付与を予定しています

そのため、

現時点で付与の日時は未定の扱いです

Bitcoin Goldの付与は

「取引アカウント」

「Coincheck payment(決済)アカウント」

「貸仮想通貨アカウント」を

保有のユーザーに対して行われます

付与の具体的な条件は以下

しかしながら、以下のような事象が発生し、弊社にてお客様の資産の保護が困難と判断される場合やサービスの安定した提供が困難と判断される場合においては、Bitcoin Goldの付与を行わない可能性がございます。

Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合

売買機能の提供は不明

入出金サービスの提供は不明、です

Zaifの対応 10月20日時点

Zaifは以下の方針です

下記の可能性があるため現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わないと判断いたしました。
リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

ただし、

将来的な付与の可能性を宣言しています

また、弊社では付与の如何にかかわらず、分岐時点とされる491407block時点(2017年10月25日前後)でのお客様のビットコイン(BTC)残高のスナップショットを保持します。

(略)

前述の懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に弊社の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定です。
前述のスナップショットに基づきお客様へBTGの付与を行います

ビットコインゴールドを見越した、ビットコイン売買のおすすめ日本仮想通貨取引所は

ビットコインゴールドの付与を明言している

bitflyerビットフライヤー)と

coincheckコインチェック

がおすすめです

両者ともに、

ビットコインゴールド【BTG】の付与に

前向きな姿勢です

特に、bitflyerビットフライヤー)は

11/1を日付を出して

売買機能の早急な実装の姿勢がうかがえますので

現時点で

ビットコインゴールド付与をイベントとした

イベントドリブンでのBTG売買を

まず第一に考えている

仮想通貨投資家には最適ではないでしょうか

ハードフォーク時点で

口座にビットコインがあるか、で付与が決まるので

イベントを狙っている方は

直前だと危ないでしょうから

10月24日までには購入しておいたほうが無難です

bitflyerビットフライヤー

coincheckコインチェック

Zaifザイフ

の比較は、以下のページの最後にありますので、

ご参考にしてください

初めて仮想通貨に投資をする場合、どの仮想通貨に投資すればよいのか、どこの仮想通貨取引所を使えばいいのか、悩みますよね。仮想通貨の価値、なぜ値上がりするのかなど、基本的なことを解説します

bitflyerビットフライヤー)と

coincheckコインチェック)は

口座開設はスマホですぐに終わりますし、

書面の郵送が終わっていなくとも

入出金や売買ができますので、おすすめです

とくに

bitflyerビットフライヤー)は

登録も簡単で、5-10分後には売買ができます

今後のハードフォーク

今回のビットコインゴールドの

ハードフォークに対する

大手各社に共通しているのは

・リプレイアタック対策

・顧客の資産保全、保護

・セキュリティ、脆弱性

・サービス提供の継続性

・分岐の恒久性など

を重視している点

今後のハードフォークも

同様の視点から、サービス提供が議論されそうです

ただ、それ以上に重要なことは

検討項目が類似していても

各社での対応に差がでています

仮想通貨取引所は

やはり複数持っていたほうがよいですね


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする