bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2017/2018【インフルエンザ】の予防接種は今年は必要?予防にはマスクもしっかりしましょう

週刊文春が毎年恒例?ネタの

インフルエンザの予防接種は必要ない!

をのせてきましたね

ポイントをスパッとまとめていきたいと思います

なぜ、インフルエンザの予防接種が不要?

週刊文春は

近藤誠さんの見解をのせていますが

端的に言うと

流行しているインフルエンザと

ワクチンのタイプが違うなら意味がない

です

流行するウイルスと

ワクチンのウイルス株が一致して

初めて効果がある

そりゃそうだ、ですね

2017/2018年のワクチンのウイルス株は?

国立感染症研究所が

2017/2018年のワクチン(ウイルス)株を公表しています

2017/2018年とは

2017年9月4日から2018年9月2日まで

ワクチンは毎年、国が4種類を選定しています

昔はAが二つにBが一つで3価ワクチンでしたが

今はBが二つ入った4価ワクチンになっています

A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)
B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)

世界のインフルエンザの流行状況。ワクチンは摂取した方が良い?

日本は12月から3月が一番流行するので

11月をみてもな、ということで

世界的には以下の状況

東南アジアでやってますね・・・

中国、東南アジア、オーストラリアをみると

流行しているのはAH3型とB型

インフルエンザワクチンは

ポリオやはしかのように高い予防効果はない

とこれははっきりいわれています

完全に予防することが不可能ですが

発症の確率を下げたい方は

四価ワクチンをうっておくとよいですね

予防はマスクも有効

ワクチンを打っても

高い効果が期待できるわけではないので

別の予防策も必要

特に人から人への感染が一番危険なので

マスクは重要です

皮膚が弱くこだわりがあるので

マスクはどれがいいか聞かれるのですが

高いのでよければ

1枚100円とかするコンビニマスクを

買えばいい話

でも

そんなもの毎日使ってられないです!

やはり、コスパが良くて、肌に優しいものが一番

おすすめのマスクは

医療用でも使われるメジャーリーガーですね

アトピーっ子なので私がそうですが

肌が過敏、弱い方がマスクを一日中つけていると

ほっぺや鼻周りが真っ赤になりかねません

それは、市販のマスクが【不織布】で

隙間がないため、菌は通過しにくいのですが

隙間がないのは

ポリエステルなどの合成繊維が

絡み合っているから

これが皮膚を刺激すると

かゆくなるし、かぶれます

といって

子供の時に使ったガーゼマスクは

スカスカで菌を通してしまいますからね

これを使ったら意味がない

となると

不織布でありながらも

内側が綿か絹でできているといった

肌との接触面が優しいものがおすすめです

つまり

マスクの感触がツルツル

メジャーリーガーは

3年ほど使い続けていますが、

私ですら肌荒れしないですね

鼻の針金も調整しやすいので

めがねも曇りにくい

もし、マスクで悩んでいたら

ぜひ、メジャーリーガーを試してみてください

一枚15円程度の使い捨てで

コスパもかなりいいです

インフルエンザは

まだ日本では流行していないですが

世界の流れを見ると今年はB型も警戒したいですね

注意して予防につとめましょう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする