【20180115】想通貨TRON(TRX)が金融庁に申請、ビットフライヤーに上場?インドネシアは仮想通貨取引を禁止か


今月は

ビットフライヤーに新しく上場するのはどれ?

でずっと盛り上がっているわけですが

サイドチェーンで

昔から話のあるLISKがいいな~と

個人的に思っていましたが

TRONに動きがありましたね!

TRONのCEO、Justin Sun氏が

JFSAに申請書類をだしたよ

承認されたら、いくつかの日本の仮想通貨取引所が扱うよ

とツイッター

日本のお作法だと

申請書類を出す前に

事前審査があって、OKだと出していいよ、

と普通はなるので

申請書類を出せたということは

事実上、通りました、宣言ですね!

とすると

ビットフライヤーへの上場は

TRONなのかなぁ・・・

それともう一つ気になるニュースが

インドネシア

フィスコから

仮想通貨の事実上の国内取引禁止がなされた

と報道されています

インドネシア中央銀行は13日、インドネシア国内では仮想通貨の売買や取引を認めないとする声明を発表した。今回の声明は政府による正式な禁止を示すものではないが、仮想通貨に関連する全ての活動に対して警告している。インドネシアでは2017年10月、国内に拠点を置く「BitBayar」と「TokoBitcoin」の2つの取引所が自主的に閉鎖していた。仮想通貨規制を強める他国と同様、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用されることを懸念しているようだ。

既に仮想通貨の取引を禁止している中国や、仮想通貨規制の強化が何度か報じられている韓国のほか、アルジェリアなどでも仮想通貨を規制する動きが強まっている。取引量の多い韓国の動きは、ビットコインなどの値動きにも大きな影響を与えていることもあり、規制強化による影響を慎重に見極めていきたいところだ。

ビットフライヤーの加納氏は

韓国の仮想通貨取引に関して

と指摘。インドネシアはどうかというと

インドネシア、FATFに入ってないw

でも、中国は入っているんですね・・・

あの国は社会主義だから、ルールを言うことが無駄か

各国中銀や金融規制当局がコメントを出してきてますので

金融安定理事会【FSB】あたりで

様々な議論でもかわされているんですかね

マネロンがあつそうですけど

G20あたりの

コミュニケ・ステートメントにのってくるとやっかいですが

今年は、そのあたりも

よくよくみていったほうがよさそうです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする