【20180128】コインチェック補償内容を公表。信託保全、460億円の行く先、金融庁の審査は?コインチェック砲はくる?


コインチェックが

自己資金での補償を打ち出しました

580億円相当の被害だったはずですが

補償額は463億円と

100億円以上消えましたね

NEMを調達すると

NEMが爆上げになっちゃうからな

500億円のNEM買いのコインチェック砲(笑)

まぁ、NEMを

コインチェックが調達して配ることはしないんでしょう

不正ハッキングした方々が

返してくれれば別なんでしょうけど

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

総額       : 5億2300万XEM
保有者数   : 約26万人
補償方法   : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法   : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。
88円という水準を確認しておくと

爆上げ前の水準

損切りさせられた感覚の人も多い感じですかね・・・

信託保全と仮想通貨

FXだと信託保全されていて

取引所の倒産リスクとは隔離されている

取引所が倒産しても

顧客資産は影響を受けない

という形になっているわけですが

仮想通貨は

その仕組みが構築中

下は日経新聞の2017.12.25の記事

 仮想通貨の取引所が破綻した場合に、利用者の通貨を保全する仕組みを信託銀行が始める。年金や不動産と同じように委託者の財産と別勘定で仮想通貨を預かる。まず三菱UFJ信託銀行が2018年4月にビットコイン向けに始める計画だ。

仮想通貨はネットでやり取りする電子情報で、商品を買ったり送金に使ったりできると期待される。将来性を期待して仮想通貨を買う人も多く、投資対象として注目される。主な仮想通貨の時価総額は3000億ドル(約34兆円)規模に達する。日本は世界のビットコイン取引の4割を占めるほど売買が盛んだ。

ただ、ビットコインは中央集権的な管理者がいない。その自由さが売り物の半面、手がける層が広がるにつれて利用者保護など市場の仕組みやルールも求められている。

 三菱UFJは仮想通貨を委託者の財産と別勘定で扱う信託とする世界初の手法を開発し、17年12月に特許を出願した。金融庁が仮想通貨を信託の対象になる財産の一種として認めれば、三菱UFJは18年4月にもサービスを始める。

 現在、仮想通貨の利用者が取引所に売買の注文を伝えると、取引所は売買注文を記録し、取引に応じて利用者の仮想通貨の保有高が増減する。三菱UFJも同じ記録を蓄積。万一、取引所の経営が破綻したり取引所の関係者が不正を働いたりした場合には、同行の記録に基づき利用者の保有する仮想通貨を保障する。

ビットコインを信託した投資家は取引所の破綻や犯罪のリスクから遮断される。ただ、コインの価格急落による損失は避けられない。株式や為替市場のように値動きをある程度にとどめる安全網構築の議論は残る。

仮想通貨取引所の運営会社はベンチャー企業が多く、必ずしも知名度や信頼度が高いとはいえない。信託を利用すれば手数料負担が生じるが、仮想通貨取引所ビットバンク(東京・品川)の広末紀之社長は「信託銀行が資産を管理しているとなれば顧客に安心感を与えられる」と話す。

利用者は取引を始めるときに信託に入るかどうかを選ぶ。信託を選べば、三菱UFJは信託する口座で怪しい取引が無いか監視し、必要に応じて内容を精査する。例えば週末夜間に大量売却するような場合は同行が取引を認める時間がかかり、即時取引はできない。

結局、潰れない箱としては

銀行が一番破綻しにくい規制となっているので

信託法にもとづき、信託銀行にお願いするわけですが

土日の取引などに影響しそうですね

その意味では

分散型取引所、DEXなどもはやってくるのかなぁ

イーサやLISKなど、本格化していきそう

分散型取引所(DEX)についての解説記事です。EtherDeltaや注目ICO通貨であった0x、Kyber Network等様々な分散型取引所プロジェクトについても触れていきます。

お金と時間、コストは

外出しすれば、かかるのは当たり前なので

そのバランスでしょうか

そのお金がどこに向かうのか

銀行口座とは全く違う物だということが

よくわかったということなので(笑)

一ベンチャー企業に預けているだけw

相応のお金が

預金口座に戻るかもしれないですね

向かう仮想通貨は安全性が高い

ビットコインやイーサリアムに向かうのかなぁ

マイナーなのって

やはりセキュリティが甘そうですよね

その辺、今度チェックしよう

金融庁審査はどうなる?

審査中にこんなことがあったので

推奨されているセキュリティを実装しているかなど

かなり厳しくなるでしょう

金融庁有利の審査となるんじゃないでしょうか

人材が不足しているので、難しいので

セキュリティ甘いです

なんて理由にならないでしょうし

外出しするか、人をとるかで

管理コストをかけて実装するんでしょう

匿名コインの行方も気になるところ

Zcash、Dash、Monero

仮に取引廃止にするなら

そのアナウンスもはやめにお願いしたいですね

その意味では

悪い意味で狙い撃ちされそうな仮想通貨は

普段から取引を避けた方がいい感じですな

いろいろと過渡期なので

波を楽しみつつ、資産構築していきたいですね!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする