妖怪ウォッチワールド【待機中】の意味。なぜ、承認されないのか、ヒョーイを成功させるコツ


妖怪ウォッチワールドですが

妖怪をヒョーイさせたら、なぜか【待機中】となって

ヒョーイが成功してないことがあります

つまりは、

ヒョーイが承認されず失敗したということですが、

なにか、自分が悪いことをやったのか、と

疎外感いっぱいになりますよね・・・

結論から言えば、

悪いことをした、ということではないですが

失敗するからには理由もあります

ですので、

ヒョーイを成功させるコツについて

ここでは書いていきたいと思います

ヒョーイを承認しない理由

ヒョーイ数が上限に達して整理中

私もヒョーイを

承認しない状況に置かれたことあるので

その経験を元に書くと

ヒョーイを承認しないのは

  • ヒョーイの上限に達しており、整理が必要となっている

ことが背景にある場合があります

つまり、ヒョーイされている妖怪で

  • 求めるランクの妖怪ではない(S、A、B、Cなど)
  • 求めるレア妖怪ではない(フルーツニャンや宝石ニャンなど)
  • レジェンド妖怪解放に必要な妖怪ではない

などの条件に当てはまっている場合

または、

  • あまりにヒョーイ時間が短く、自分はその時間内に移動する予定はない

などの場合は、

ヒョーイ上限に達していると

再ヒョーイに出してしまいます

特に、旅行中は、たくさんヒョーイ申請がくるので

ヒョーイ妖怪のセレクションを

したくなってしまうんですよね・・・

ですので、繰り返しになりますが

再ヒョーイに出すなど、

ヒョーイされている妖怪を整理している最中に

(空き枠を作っている最中に)

  • 望みのランクの妖怪ではない
  • レア妖怪ではない
  • レジェンド妖怪解放に必要な妖怪ではない

が申請しにくると、

ヒョーイを拒否してしまうことが起きます

また、

何が忙しい作業をしているときに

次から次にヒョーイ申請が来ると、

これはもう面倒くささですかね、、

忙しいから今はダメ!

と拒否してしまうことがあります

旅行中のプレイヤーは要注意?

自分の移動距離をヒトダマにかえて

自分の階級(ミジンコ、ウサギ、ネコなど)をあげたい場合

お互いにヒョーイし合えば

自分の移動距離がそのままヒトダマに化けます

つまり、団体で長距離移動していると

そうしたヒョーイ枠を設けたりすることがあります

その中で申請が来たりすると、

枠をとっておかないと、ということで

拒否することがおきます

ヒョーイ拒否は、申請者の個人名というよりも

当人のプレイスタイルによるところがかなりありますので

あまり気にせず、

待機中となったら別の人にヒョーイして

プレイを進めていくのが一番ですね!