樹木希林さんの名言『おごらず、人と比べず、面白がって平気に生きればいい』今日もやりたいことをやりましょ~!

樹木希林さんの言葉は胸に刺さり、すっと入りますね。樹木希林さんの葬儀での也哉子さんの挨拶全文は下のページ

 15日に75歳で亡くなった女優の樹木希林(きき・きりん、本名内田啓子=うちだ・けいこ)さんの葬儀が30日、東京都港区の光林寺でしめやかに営まれた。喪主は夫でロック歌手の内田裕也(78)が務めた。本来ならば、最後は喪主のあいさつとなるが、この日は車椅子での参加となった父・裕也の体調のことを考慮しつつ、自らしっかりとあい...

人と比べず、面白がって平気で生きることは、いわゆる我が道をいく人間であればそうなのかなと思いますが、おごってる者におごっているかはわからず、まさにそうした生き方がおごっているかもしれない

おごるは辞書を引けば

おご‐る
【傲る・驕る・奢る】

1.
[驕・傲] 自分の才能・家柄・地位・財産等に得意になり、それをたのみとして勝手なふるまいをする。 「―平家は久しからず」

2.
[奢] 身分以上にぜいたくな生活をする。 「口が―・っている」(高級な料理を食べつけている。うまいものでなければ、食おうともしない)

面白がって生きるためには、自分で『面白い』と思えるものを見つけないといけない。ただ、調子に乗ることなく冷静に自分の行いを振り返れること、緊張感の中にあっても平気に、毎日、たんたんと、繰り返せること

樹木希林さんは無数の視聴者を相手としてきたので、得体の知れない市場との戦いがそうしたバランスを保っていた感じ???

人間、すぐに、諦めたり、何かを投げ出したりしがちですが、目標を定めたら覚悟を決めて、気持ちが進まないときも最低限のことが淡々とできるよう、プロフェッショナルとして一番大切なことを教えられている感じです

人生には終わりがありますので、いつ終わっても未練のないよう、毎日を生きたいところです。笑って、好きなことしないとね!








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする