新劇場版エヴァ、破とQの間に起きたサードインパクトとは何だったのか。Qの予告CMとQから考える


今回は、破とQの間に起こったサードインパクトについてです。

新劇場版の最大の謎とも言っていいですよね。ここでは劇場版Qの画像を引用しつつ、一体何があったのか、考えていきたいと思います。

インパクトとは何か

インパクトに関しては、新劇場版は詳しめに教えてくれています。

リツコさんは、初号機が巨大綾波を吸収してコアが二つになり、リリスの目が爛々となったとき、『この世界の理を越えた、新たな生命の誕生。代償として、古の生命は滅びる(ミサト『翼、15年前と同じ』に、)そう、セカンドインパクトの続き・・・、サードインパクトが始まる』と述べています。

また、カヲル君の発言も重要。

『この星での大量絶滅は珍しい事じゃない。むしろ、進化を促す面もある。生命とは本来世界に合わせて自らを変えていく存在だからね。しかし、リリンは自らではなく世界の方を変えていく。だから、自らを人工的に進化させる為の儀式を起こした。古の生命体をにえとし、生命の実を与えた新たな生命体を創り出すためにね。全ては太古よりプログラムされていた絶命行動だ。ネルフでは人類補完計画と呼んでいたよ』

簡単にいうと、赤字です。

サードインパクトは途中で終わっている

Qで、フォースインパクトの始まりとともに、ゲンドウはゼーレに『宿願たる人類補完計画と、諦観された神殺しは私が行います』と述べています。また、アスカも『サードインパクトの続きが始まる前にこいつを片付ける』とシンジにいっていますので、サードインパクトが何らかの理由で止まったことは間違いなし。

サードインパクトが途中で終わった状態は、下の画像。ロンギヌスの槍、2本が使われています。

そして、ゲンドウの前にあるリリスの頭。いつもミサトさんたちがエヴァに指示を出していた作戦本部の場所の気がしますが・・・

特に面白いのは、リリスの首とMark6が融合しており、リリスの頭の代わりを果たしているように見えます。

Qの予告CMを素直にとらえる

インチキじゃん!とQが放送されたとき思いましたが、今見ると、けっこうよくでてきるのかも、と思います。Qの予告CMを並べると

  • レイとシンジを取り込んだまま凍結されるエヴァ初号機(EVA-01 RESTRICTED AREA NO ENTRY BEYOND THIS POINT)
  • 廃棄される要塞都市(TOKYO-Ⅲ NEAR THIRD IMPACT GROND ZERO)
  • 幽閉されるネルフ関係者(NEAR THIRD IMPACT EYEWITNESS DEBRIEFING IN PROGRESS NO ENTRY WITHOUT AUTHORITY)
  • ドグマへと投下されるエヴァ6号機(LILITH PRESERVATION SITE ACCESS STRICTLY RESTRICTED)
  • 胎動するエヴァ8号機とそのパイロット(EVA-08 CONSTRUCTION AREA NO UNAUTHORIZED ENTRY ALLOWED)
  • ついに集う運命を仕組まれた子供たち(SEELE CHILDREN’S ASSEMBLY IN SESSION DO NOT ENTER)
  • 果たして生きることを望む人々の物語はどこに続くのか(ミサト、加持、ゲンドウ&冬月、綾波シリーズ、マリ)(PRIVATE CONFERENCE BETWEEN MARI MAKINAMI ILLUSTRIOUS & ●●●●● DO NOT ENTER)
  • アスカがアップで次回Q

破で、加持さんは『数がそろわぬうちに初号機を覚醒、ゼーレがだまってはいませんよ』と発言しており、ゼーレのネルフへの不信がこうした展開を呼んだことは間違いないでしょう。それは旧劇と同じ。

国連軍がきて、ネルフ関係者を幽閉するあたり、まだ人類は普通に存在していたと言えそうです。

ですので、Qのヒトが生きているのかわからない世界になったのは、エヴァ6号機がドグマにダイブしたことが大きな原因。このときの説明文は『アクセスが厳しく制限されたリリスの保管場所』。リリスの状態はわかりませんが、リリスはまだドグマにいたということ。Qのカヲル君の発言を踏まえると、エヴァ6号機は自律型に改造されています。

そうしたことから、時系列を考えると

  1. エヴァ6号機(アダムス)が自律型としてドグマに投下される(映像上、手ぶら)
  2. その頃、エヴァ8号機が始動、パイロットはマリ
  3. 運命を仕組まれた子供たちが集結(シルエットは4名)。カヲル、アヤナミシリーズ、アスカ、マリ?アヤナミシリーズ4体(小さい子供3にお姉ちゃん1)?
  4. エヴァ6号機がドグマにいるリリスの槍を抜く
  5. 第12使徒としてエヴァ6号機(アダムス)がリリスと融合、十字架からリリスが解放される。サードインパクト開始
  6. エヴァ6号機と融合したリリスが天へと浮上する
  7. 同じく、黒き月が地上に浮上しようとする(ドグマとネルフ本部が地上・天空にむき出しになる)
  8. 古の生命が滅びつつ(人類がLCLへ)、黒き月から新たな生命(インフィニティ)が生まれる
  9. 加持さん、ミサトさん、リツコ。ヴィレとして人類を守る方向で戦う。アスカとマリ、ヴィレに参加、2号機と8号機出動。ヴィレ、ロンギヌスの槍を一本ゲット済
  10. アヤナミシリーズ(小さい子供3とお姉ちゃん1)が7号機、9号機、10号機、11号機でゼーレ側で参戦
  11. 2号機と8号機が、7号機・10号機・11号機を破壊。ネルフの作戦司令室でリリスの首を切ることに成功
  12. ドグマにリリスの胴体とリリスに融合した6号機が落下
  13. 2号機と8号機が追撃。元から持っていたものとリリスに刺していたロンギヌスの槍2本で、リリスの胴体とリリスに融合した6号機に投下。命中
  14. サードインパクト停止。同時に、リリスが強力な結界を張る

という感じ?

ゲンドウと冬月ですが、Qでゼーレノシナリオを書き換えることを二人は模索してますが、ゼーレの一員のようになっていましたので、この段階では自分たちの計画を実行しようとはせず、ゼーレに帰順したものと思われます。

カシウスの槍ですが、初号機に刺さっていたのはゲンドウ君が大切に持っているかもしれませんし、ヴィレが強奪したかもしれません。もしくは、ゲンドウが持っていて、ヴィレが持っていたのは新しいカシウスの槍かもしれません(四体のアダムスとセカンドインパクトの映像では、二本のロンギヌスの槍と二本の?の槍があり)

Qを見る限り、カヲル君は顛末は知ってそうですが、リリスとMark6の二本の槍にカシウスの槍とロンギヌスの槍があると思っていたあたり、何をしていたのかは不明です。現場に出ていなかった可能性が大

こんなことをはっきりと描いた上でQをやってしまうと、視聴者は全部知っているけどシンジ君だけが知らないという状況になってしまい、シンジ君に感情移入できずいまいちなので、空白の14年間にしたんでしょうか。

あるとすれば、全部描いた後で、空白の14年間はDVDなどで発売されそうですね。ただ、主人公のシンジがいない話なので、サブキャラだらけだと話が微妙じゃんと、やっぱり回想が限界かも。