学校て不思議!卒業してからわかる学校のここが変、7選


学校生活を送っているときは感じないですが、卒業すると、学校てかなり特殊だった、と思うこともしばしば。ここでは、そんな、学校の変、7選です。

スポーツが嫌いになる

誰もが得意もあれば苦手もありますが、上手い人から下手な人まで一律に授業を展開するので、トラウマになるケースも。

普通は能力別にやり、能力を開発すべきですが、なぜかそうなってませんよね。先生の数が足らないから?

タバコ・アルコールで学校中が大騒ぎ

タバコにアルコールは警察沙汰ということもあり、学年・学校中の騒ぎになることも。ただ、いじめや体罰ほどではないですよね。

毎日、すごい掃除

朝に帰りにと、毎日2回は掃除ですが、わざわざ、机と椅子を前に後ろに持っていき、ほかにやりようがないのか、不思議ですよね。

そんな掃除は学校だけでは?鉛筆に消しゴムが問題なら、今の時代、やめれそうですが。

いじめ、体罰はやたら隠す

学校関連の法令に触れるということで、なかったことにしようというベクトルが働きがち。学校は聖域ということで、警察の介入を嫌う傾向にありますが、それなら一層、しっかりした方がよいですよね。

給食の完食にやたらうるさい

完食かで怒られ、ひどい目にあうのは、学校ぐらいではないでしょうか。自分でよそってわざと食べ残すのは問題ですが、まずくて食べれないものまで、強制するのは?味付けが薄い、変な味がする、量がおかしいことが背景にあることもしばしば。

君が代でひどくもめる

ボクシングとかオリンピックでは全くそういう議論はでないですよね。

不登校者の選択肢がほとんどない

昔と違うのかもしれまんが、職業選択の自由が社会人にはあっても、学校選択の自由はあまり今もありませんよね。学校時代、会社ほどの多様性がないのも大きな理由かも。