【小学4年生】SAPIXの国語。読解問題で事実精査ができず、全滅で親出動(42A-03)

 

SAPIXに通っている皆様、おはようございます

 

スポーツと勉強をうまく両立させたいところですが、

一週間のペースをつかめないうちは苦しいですね

 

ということで、日曜の今日は国語Aです。

我が家は丸付けは親がすることになってますので

丸付けしていたのですが、読解演習がまさかの全滅。。。

 

ということで、つづっていきたいと思います。

 

僕のともだち、ということで人物描写とストーリーが大切。自立、子供へのメッセージ

 

話は、小野くんと僕との間に

友情がしっかりと確認されるといういい話なんですが

小野くんの心情を追うのが大変ですね!

 

そもそも、母親が病気で、父親が出稼ぎに遠出しており

何かが起きたときは、子供一人で問題解決に動かないといけない

という状況は

 

父親が猛烈サラリーマンで家に帰ってこないとか

実質母子家庭の家であれば実感がわきますが

そうでない家には、????、

というのが子供の心情ではないでしょうか

 

とはいえ、受験は一人なんだぞ

親がいなくても自分で考えて、自分でやらなきゃいけないんだぞ

ということを暗に植え付けるには最適なのかも

 

その点、午後、強調しておくか

 

うちの子が問を全滅した理由ですが

やはり事実の認定能力が弱いことがあります

 

問1は、電話で通じるところで働いている、とは書いてないし

問2と問3は、いわゆる慣用句がわかっているか

問4と問6は、気持ちの言葉を拾えているか

問5は、思い出した、とは書いてないし

問7は、速く走れない、と書いてあるし

  

やはり、とうしても、読んだことに対して

ここに書いてあるということは、あっちでもそうだと

自分の都合の良いように解釈する、思い込む

拡大解釈してしまうところがあるようです

 

日本語を正しく読む、理解する、の能力は

誤解が大変な事故を生みかねないわけで

受験勉強を含め、しっかり身に着けてほしいですが

 

書いてないでしょ、という事実認定を

小学生の場合は一緒にやるしかないかなー

読む力をつけるのは大変ですね

 

ユーチューブを見る、のもいいですけど

やはり見たものを自分の言葉でアウトプットできるか

その能力を育てていきたいところです

 

てか、まだ国語Bあるんですが・・・