【小学4年生】今週のSAPIX、社会440-04のポイント。原発銀座にもんじゅw 原子力発電所とクリーンエネルギーがイマイチの我が子

 

SAPIXの親の皆さん、こんにちは

 

えー、今日は積み残しの社会です

今週の社会は発電所でしたね!

 

日本の電力の歴史からすると

水主火従から、火主水従となり

原子力発電へと舵を切ってから、再び火力発電ですが

 

どうも、うちの子

原子力発電とクリーンエネルギーが弱いです

 

いかんせん、出来ない子は

テキストにある言葉、先生の言葉をそのまま覚えないので

効率が悪いですね・・・

 

で、今回のポイントですが

忙しい、パパママさんのためにまとめると

 

【水力発電】

  • 水力発電は、ダムの水の力をつかって発電
  • 二酸化炭素を出さない(地球温暖化にならない)のがいい点
  • ダム建設費用が高い・環境破壊・大きな電力が得られないがマイナス

【火力発電】

  • 火力発電は、資源を船で輸入するので海沿い
  • 水力発電の弱点を克服し大きな電力を得られるが、
  • 石油・石炭・天然ガスを大量に消費し、二酸化炭素を大量に発生してしまう(地球温暖化に繋がる)点がマイナス

【原子力発電】

  • 原子力発電は、火力の次にはやったもの
  • 大きな電力は得られるが、非常に危険(中性子をあててウランを核分裂させる熱を使い、放射性物質が発生)であるということ

【クリーンエネルギー】

  • 結果、火力発電に戻るが、環境への影響からクリーンエネルギーの活用が課題
  • ただし、太陽光、地熱、風力の使用は場所が限定的で、大きな電力を得られないので普及は途上
  • たしかに、無限のエネルギーであり、二酸化炭素はいいところですが・・・

 

という感じでした

 

地理感も聞いている感じですが、

水力=ダム=山、火力=石油石炭=海沿い、原子力=冷やす=海沿い

という感じなので、論理力があれば普通わかるはずですが。。

 

しかし、原発銀座とか嫌な言葉ですね

高速増殖炉もんじゅとか、夢の終わりを感じさせるもので

あー、今はこういうのをこの時期にやるのねと染み入ります

 

 

大人がやると、三分コースなんですが、

初見で、イマイチの子がやると、三時間はかかりました。。

長所、短所、それぞれの特徴を正確に理解するのに

 

社会問題に関心がある子なら別なんでしょうけど。。

まぁ、今日も、キレずに頑張っていきましょう!

 

でも、キレないと、やばさが伝わらないしな~、むむむ