スキンケア・メーク化粧品の成分は。各商品ごとの違いを理解する

化粧品は、義務教育で教えてくれませんので、

自分で関心を持たないと知識が習得できません

ここでは、

市販されている商品ごとの成分に違いについて

簡単に見ていきたいと思います

成分がわかることで、

自分につけているものも想像できますので

なぜそうしていたのか、それがよいのかについて理解が深まります

化粧品の主な成分

基本的に、化粧品は

  • 水性成分・・・いわゆる「潤い」成分。水、エタノールなど
  • 油性成分・・・いわゆる潤いを閉じ込める「蒸発防止」の成分
  • 界面活性剤・・・水性と油性を「混ぜる」、「油汚れを水洗いする」

の3つでできています。

他に、安定剤や防腐剤、着色剤や紫外線防止剤などもありますが

それはメインではありませんので

ここでは置いておきたいと思います

各化粧品ごとの成分の組み合わせ

スーパーなどで売っている化粧品ですが

主な成分の組み合わせは以下になっています

【スキンケア系】

化粧品水性成分油性成分界面活性剤
化粧水
シャンプー
洗顔料
乳液
クリーム
リンス
コンディショナー
トリートメント
クレンジングオイル
石鹸
美容液

化粧水は見ての通り、水分ですので、蒸発します

ですので、つけすぎたからと言って害があるわけではありません

シャンプーや洗顔は、油汚れを落とすためのものですので

水性に界面活性剤がはいっています

クレンジングオイルは、水性の代わりに油性がはいり

界面活性剤で汚れを落とすものです

石鹸は界面活性剤だけですね

ですので、石鹸で髪の毛を洗うとバサバサになるというのは

水分も油分もとってしまうからです

リンスやコンディショナーなどは

水分、油分、界面活性剤、いずれもはいっています

汚れを取るというよりも、

陰イオン・陽イオンを調整したり保湿を強化したり、

という機能が強いです

【メーク系】

化粧品水性成分油性成分界面活性剤着色剤
ルースファンデーション
パウダーファンデーション
プレストファンデーション
口紅
コンシーラー
リキッドファンデーション
日焼け止め
UVファンデーション
BBクリーム

メーク系ですが

リキッドファンデーションは油性成分が液体状となっています。

油性と水性が界面活性剤で混ざり合ってますので

保湿力とカバー力があるのが特徴

ルースファンデーションは

ルース(ゆるい)の言葉の通り、押し固められてなく

色ムラや毛穴などの凸凹をカバーする粉末状のファンデーションです

プレストファンデーションは、逆に

プレスト(押し固められた)の言葉の通り、固形状のファンデーション

対して、パウダーファンデーションは

仕上げに使う、化粧の持ちをよくする粉末状のファンデーションです

日焼け止め、UVファンデーション、BBクリームは

紫外線防御剤が入っています