【学歴を気にしない】海外MBAホルダーの再就職完全マニュアル【楽しく暮らす】

はじめまして

いわゆる有名な大学を出ていない

海外MBAホルダーの大島です

有名な大学をでていなくても

海外MBAホルダーとして再就職し

楽しく暮らす完全マニュアル

に訪問してくださりありがとうございます!

本コーナーは

社畜のキャリアラボ 幸せで、豊かな人生を

の一コーナーです

このコーナーでは

有名な大学をでていない社会人が

どのように海外MBAを取得し

再就職をしたのか

その点を主に記事にしています

自分のノウハウ、MBA獲得術、

再就職成功術でもあるので

これから目指す人の参考になれば

との思いで、つくっています

海外MBAをとりにいくのには

様々な理由がありますが

2年、短期コースなら1年で

望む世界が手に入る

それが大きな理由の一つだと思います

苦労はありますが

1-2年という期間を費やせば

すばやく、今の自分から脱却でき

望む世界が手に入る

その思いが強いから

自腹でお金を払い、

授業料や生活費を負担し、

将来の再就職にかける勇気がでてきます

結論から言えば

有名大学も卒業していないにもかかわらず

海外のMBAを取得して

ライフワークバランスは向上し

年収も上がりました

再就職活動は

確かに、私の認識の甘さもあり

苦しみましたが

最終的に

世界で有名な企業に再就職できましたし

今は、楽しく豊かに暮らしています

海外MBAをとれば変われます

そうした未来がどうすれば手に入るか

どのようにすればそこまでいけるか

に関して

私と同じ、近い境遇の人に

少しでも助けになれば、と思って作っています

単独で全部やると大変ですが

経験談な裏話などは

勘所をつかみやすいですよね

ぜひ、参考にしていただければ

と思っています

海外MBA留学で

コストを抑えて挑む場合のおすすめの教材は

⇒ MBA留学 Special Package

です

 なぜ海外MBAを目指すのか

有名な学校を出ていなくても

海外MBAホルダーになれば

日本でそれなりの会社に就職できます

海外でMBAを取得する際、その準備の費用(受験など)や学費、現地での生活費などがかかります。就職をしていれば、その年収が失われます。そうしたコストは回収できるのか、私の実例です。結論から言えば、数年で回収できます

 海外MBA、大学院に出願するための準備・受験

出願準備を始める前に

考えておくべきこと、すべきことです

海外MBAの取得は人生での一大イベントです。重大な意思決定でもありますので、大学院出願の準備をする前に整理すべき5W1Hについて、今回は触れたいと思います
海外の大学院でMBAを取得するための準備、履歴書/職務経歴書、推薦状、エッセイ、GPA、TOEFL、GMATについてのアプローチの仕方です。

 アメリカでの大学院生活

 海外MBAホルダーとしての再就職、転職活動

学生生活を

1年以上していると世間ずれしがちです

その修正話です

有名な大学を出ていない留学・海外MBAホルダーにとって、卒業後の就職転職活動は死活問題です。米国MBAを取得した後の失敗談、成功談について。今回は、おもに失敗談についてまとめていきます。
普通の海外MBAホルダーが何も考えずに、海外MBAを武器に日本で就職転職活動をすると書類選考で落ちます。就職転職市場での自分の位置づけ、日系企業の特徴、自分の優先順位をふまえ、ターゲットとする企業を絞り込みや募集案件の分析をしっかり行うと書類追加率は上がります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする