ドクター・ポスドクの【研究室】の選び方。研究環境、企業への就職転職、海外など、先輩の実績をよく確認しましょう

今回は研究室の選び方です

大学から大学院(修士、博士)、ポスドクと

どの研究室にいたかで、

理系の社会生活、職業は決まってしまいますよね

今回はその選び方についてです

研究室の選び方としては

4つの視点が重要です

1)先輩である博士(ドクター)、ポスドクの状況

2)研究室の予算、研究環境

3)上司であるボスの実績、人脈

4)大学、研究所のブランド力

 1)先輩である博士(ドクター)、ポスドクの状況

基本的なことですが

博士(ドクター)になる場合

研究室の博士進学・卒業状況は

調べておきましょう

卒業生の進路まで

確認しておくのがポイントです

2、3年に

博士(ドクター)を1人程度

輩出している研究室は

たくさん実績もあって

活発に研究できる環境だと思います

また

博士(ドクター)を多くだしている研究室は、

学生間の雰囲気もある程度整備されているので

博士(ドクター)に

変な雑用ばかりが降ってきて研究できない!

という事態が生じにくいと思います

博士(ドクター)OBがいると、

いざ就活の時に色々と助けてくれるので

よいです

日本での博士の企業への就活はまだ難しいため

OBが活躍している場合、

頼りになります

ポスドク(任期付き助教含む)の場合ですが

大学、研究所どちらの場合でも、

ポスドクがどれくらい在籍していて、

歴代のポスドクがどのような道に進んでいるか

ポスドクはアカデミックの始まりですし、

自分の力で道を決めていかなくてはいけませんが

歴代のポスドクの進退は凄く参考になります。

そのため

・アカデミックポストに就いているか、

・企業に行っているか、

・論文はだいたい年に何本出せているか、など

自分が標準的な人間であれば

その道をたどる可能性が高いでしょうから

なぜ、とともに、よく確認しておきましょう

論文数は、

どれくらい研究ができる環境なのかが

推察できます

論文があまり出ていない研究室だと

ポスドクが集中して研究できない

環境の可能性があります

特に、歴代ポスドクの在籍期間は、

必ず確認しましょう

任期満了前に研究室を出て行っている

ポスドクが多い研究室の場合

二通りの可能性があります

業績がでやすくて次に進みやすい

または

闇が深い

どちらかです

前者はポストがあるということですから

今のご時世だと

普通は後者の可能性が高いです

 2)研究室の予算、研究環境

博士(ドクター)、ポスドクが研究する上で、

お金は大切です

お金がないと、

学会発表や論文投稿もできません

最悪、実験もできません

研究だけでなく

予算をしっかりと獲得してくることは、

上司であるボスの大切な仕事です

博士(ドクター)やポスドクは

短い時間で、短い期間で、

業績をつくらないといけません

予算がない研究室に入ってしまうと

カツカツの中で

仕事をこなさなければいけないので

様々な意味で大変です

お金ない時期に知恵を絞るのも経験ですが

選べるなら

予算をしっかり取ってきている研究室で

過ごした方が得が多いでしょう

予算獲得のコツも学べます

一方で

博士(ドクター)もポスドクも

予算を獲得できる様々な機会は活用すべきです

一番有名なのは

日本学術振興会の特別研究員

給料+年間研究費もらえるので

上司であるボスに喜ばれます

カモネギといえばそれまでですが

また、

装置の充実度も見ておきましょう

予算はあるけど、装置がない!

そういうことに遭遇することもあります

実験をする際には致命的です

博士(ドクター)なら

立ち上げたことがあるという経験になりますが

ポスドクの場合は

そのような経験は

自分が志望するであろう世界の

何の業績にもならないので困窮することになります

予算、設備などが充実している場所で

ポスドクは

しっかり業績を気づいていきましょう

多くの業績があれば

アカデミックにポストの空きがあれば

そこを狙うことができますし

企業にも就職・転職できます

 3)上司であるボスの実績、人脈

研究室は治外法権です

大学や研究所に依らず、

上司であるボスの考えで研究室が動きます

ボスの研究室の運営方針と

根本的に合うか合わないか

これは充実した研究生活にかかせません

・学会参加の捉え方

・論文のインパクトファクター

・研究成果へのアプローチの仕方

特に気を付けたいのが

研究そのものだけでなく、

学会の委員など、同じ分野内でのボスの立場や評判

研究が凄いだけだと

研究成果だけの勝負になり

つらいですよね

業績は必須ですが、

最後の決め手はやはり人、つながり

特に大学では、

学会活動などが隠れた評価になっています

積極的に研究室外とからむか、

独自の力で進めていくのか

どちらも研究力があれば問題ありませんが

ポスドクが次のステップを考えた際に

業績+αを出すためには

ボスの人脈、共同研究も重要です

 4)大学、研究所のブランド力

日本で職を得たい場合は

人脈豊富なボスがいる研究室がやはり良いです

アカデミックの観点から

海外も視野に入れている場合は

国立の研究所を特におすすめ

地方の大学や

プロジェクトだけのポスドクより

国立研究所のポスドクは

人事に強い印象があります

国立の研究所は

ブランド力がありますし、知名度もありますので

業績が同じ程度なら、有利に働きやすいです

理系の場合、それを本業として、

ドクター(博士)、ポスドクへと進む場合は

研究室の選択は

自分の人生を決めるといっても過言ではありません

将来の選択肢を見据えて

研究室の選択ができるといいですね


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする