【2019年】日本人ノーベル賞候補者・受賞者は?2018年は医学生理学賞に本庶佑さん。日本出身のノーベル賞受賞者一覧


毎年恒例のノーベル賞

誰がとるのか

盛り上がりますよね

ノーベル賞は6部門

・ノーベル物理学賞

・ノーベル化学賞

・ノーベル医学生理学賞

・ノーベル文学賞

・ノーベル平和賞

・ノーベル経済学賞

未来の日本人候補者を予想します!

 2019年の日本人・ノーベル賞候補者・受賞者は?

2019年はまだ始まっていませんが

2018年に期待されていた有力候補者は以下です

【ノーベル医学・生理学賞】

2018年は、京都大学特別教授で

免疫を抑えるタンパク質「PD-1」を発見

がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発に貢献した

本庶佑(ほんじょ・たすく)さんが受賞されました

坂口志文さん

大阪大学特任教授

免疫を抑制する「制御性T細胞」を発見

遠藤章さん

東京農業工業大学特別栄誉教授

高脂血症治療薬「スタチン」を開発

森和俊さん

京都大学教授

細胞内で異常な形のタンパク質を排除する仕組みを解明

【ノーベル物理学賞】

2017年は重力波、

2018年はレーザー技術でした

レーザー分野における研究で画期的な進歩をもたらしたとして米国人で米ベル研究所のアーサー・アシュキン博士(96)、フランス人で米ミシガン大のジェラール・ムル名誉教授(74)とカナダ人でカナダのウォータールー大のドナ・ストリックランド博士(59)に授与すると発表した。ストリックランド氏は女性として物理学賞3人目の受賞。

アシュキン氏は強力極細レーザーを当てるとウイルスや原子までも捕らえられる「光ピンセット」を発明し、生命のメカニズム解明に貢献した。ムル氏とストリックランド氏はレーザーの強度を増幅する技術を開発。レーザーによる視力回復手術などに応用されている。

産経新聞から

ノーベル物理学賞は

物質、宇宙、素粒子の三分野の切り口で

選ばれていると言われています

佐川真人さん

大同特殊鋼顧問

世界最強の磁力を発揮する「ネオジム磁石」を開発

飯島澄男さん

名城大学

カーボンナノチューブを発見

吉野彰さん

旭化成顧問

リチウムイオン電池の開発

細野秀雄さん

東京工業大学教授

鉄系超電導物質を発見

十倉好紀さん

理化学研究所 創発物性科学研究センター長

強磁性、強誘電性、強弾性などの性質を複数有する物質系で、

新しい物質の開拓やデバイスへの応用が期待される

特殊な物質「マルチフェロイック物質」を開発

【ノーベル化学賞】

2018年のノーベル化学賞は、

「酵素の指向性進化法」のFrances H. Arnold氏

「ペプチドと抗体のファージディスプレイ法」の

George P. Smith氏とGregory P. Winter氏に贈られました!

2018年の海外の予想はこちら

本ページは ノーベル化学賞候補者、受賞者予想です 海外の目線と言うことで Chemistry Viewsの...

神谷信夫さん

大阪市立大学教授

植物が光合成で水を分解する際に働くタンパク質と触媒の構造を解明

山本尚さん

中部大学教授

有機物を効率的に合成できる「分子性触媒」を開発

宮坂力さん

桐蔭横浜大学特任教授

ペロブスカイト太陽電池

【ノーベル文学賞】

村上春樹さん

いわずとしれた人気作家ですね

宮崎駿さん

アニメ。風の谷のナウシカなどで有名

ノーベル平和賞

2018年のノーベル平和賞は

コンゴ民主共和国の

ドニ・ムクウェゲ(Denis Mukwege) 医師と

イラクの少数派ヤジディー(Yazidi)教徒の

権利擁護を訴えてきた

活動家のナディア・ムラド(Nadia Murad)さん

でした

人でなくてもよいので、

憲法9条やら、Me too なども話題になったりしますけども

毎年、受賞が噂されている人たちはこちらです

温度も下がり ノーベル平和賞も迫ってきました ここでは、誰が、候補者で 誰が受賞するのかについて ...



style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-2732268846629247″
data-ad-slot=”7585825024″>

これまでの日本のノーベル賞受賞者

日本人(日本出身含む)で

・ノーベル物理学賞は8(共同研究は1つとして数える)

・ノーベル化学賞は6

・ノーベル医学生理学賞は5

・ノーベル文学賞は3

・ノーベル平和賞は1

1949年

ノーベル物理学賞

湯川秀樹

京都大学理学部教授

中間子理論

1965年

ノーベル物理学賞

朝永振一郎

東京教育大学教授

くりこみ理論

1968年

ノーベル文学賞

川端康成

作家

雪国、伊豆の踊子など

1973年

ノーベル物理学賞

江崎玲於奈 

IBMトーマス・J・ワトソン研究所

主任研究員

量子力学のトンネル効果

1974年

ノーベル平和賞

佐藤栄作

内閣総理大臣

非核三原則に基づく外交

1981年

ノーベル化学賞

福井謙一

京都大学工学部教授

フロンティア電子理論

1987年

ノーベル医学・生理学賞

利根川進

マサチューセッツ工科大学教授

免疫機構の分子生物学的解明

1994年

ノーベル文学賞

大江健三郎

作家

個人的な体験など

2000年

ノーベル化学賞

白川英樹

筑波大学名誉教授

導電性ポリマーの発見と開発



style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-2732268846629247″
data-ad-slot=”8258125901″>

2001年

ノーベル化学賞

野依良治

名古屋大学理学部教授

キラル触媒による不斉水素化反応の研究

2002年

ノーベル物理学賞

小柴昌俊

東京大学名誉教授

超新星からのニュートリノ観測

ノーベル化学賞

田中耕一

島津製作所フェロー

タンパク質の質量分析技術

2008年

ノーベル物理学賞

南部陽一郎

シカゴ大学名誉教授

自発的対象性の破れの理論

ノーベル物理学賞

小林誠

高エネルギー加速器研究機構名誉教授

益川敏英

京都大学名誉教授

6種類のクォークを予言

ノーベル化学賞

下村脩

ボストン大学名誉教授

緑色蛍光タンパク質をクラゲで発見



style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-2732268846629247″
data-ad-slot=”8613349125″>

2010年

ノーベル化学賞

鈴木章

北海道大学名誉教授

根岸英一

パデュー大学特別教授

有機合成のクロスカップリング反応の開発

2012年

ノーベル医学生理学賞

山中伸弥

京都大学iPS細胞研究所長・教授

iPS細胞を開発

2014年

ノーベル物理学賞

赤崎勇

名城大学教授

天野浩

名古屋大学教授

中村修二

カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授

青色LEDを開発

2015年

ノーベル医学生理学賞

大村智

北里大学特別栄誉教授

寄生虫による熱帯感染症への治療法

ノーベル物理学賞

梶田隆章

東京大学宇宙線研究所長

ニュートリノに質量があることを証明

2016年

ノーベル医学生理学賞

大熊良典

東京工業大学名誉教授

オートファジー(自食作用)の解明

2017年

ノーベル文学賞

カズオ・イシグロ

作家

日の名残り、私を離さないで、など

2018年

ノーベル生理学賞

本庶佑(ほんじょ・たすく)

京都大学特別教授

免疫を抑えるタンパク質「PD-1」を発見

がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発に貢献

 Congratulations!