bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【大学、大学院】理系の研究室英語の鍛え方・勉強の仕方【学会、研究者】

理系の英語は

研究室に入ったとき

突然やってきます

先輩から

この研究室の基本だから、これ読んどいて

これですね

日本語じゃないんですよね

そのときは

目の前が真っ暗になりますが

大学入るために頑張った英語力は

しっかりと大学生活でそぎ落とし

日常生活でも使わないものだから

受験英語がピークでした!とかそんな状態で

いきなり論文という

日本語で読んでもわからないような

そんな高度な英語の読み物を急に渡してくるとは

大学といった研究機関は

教育という意味で

つくづくひどいところです

でも、

研究始めて5年もたつと

気づいたら毎日論文を読んでいたり

英語で発表してと頼まれても

余裕になっています

なぜか

今回は

研究室で使える英語力の鍛え方について

研究室に配属された頃を振り返ってです

 読む、リーディングはどう鍛える?

実はリーディングはハードルが低いです

専門的な分野については、

それぞれの分野における古典があります

その本に使われている

英語表現をスタンダードとして

覚えることが

リーディング力をつける一番の早道です

一歩進むなら、科学技術系では、

Nature、Scienceなどよく知られた、

いわゆる有名なジャーナルに掲載された、

最近注目されている論文を読み込むことです

自分の研究テーマのキーワードを打ち込めば

たくさんの論文がでてきます。

論文の検索は

「Google scholar」が使いやすくておすすめです

研究室入りたてだと

何が読むべき良い論文か

判断が難しいですが

そのような時は、先輩や指導教員に

「研究のこと知りたいから、おすすめの論文教えてください」

と話してみましょう

いくつか必ず教えてくれます

やる気も買われて、良いこと尽くしです

論文の読み方ですが

意外かもしれませんが

中身本文よりは

序文(Abstract)や背景(Introduction)がポイントです

経緯や結果をわかりやすく

圧縮して書いているので

ここがしっかりよめるようになると

英語力がついた!

ということになります

示唆に富んでいる分、読むのがしんどいですが、

国語力をつけるにはもってこいです

さらに、

実験系論文では、

実験手法の記述方法は

典型的なスタイルが決まっています

小保方さんなどは悪者にされてしまいましたが

・・・

ふれないほうがいいですね

多くの日本人が

説明パターンと表現を丸覚えして

対応していると思います

読んで丸覚え

結局これが

リーディング力をつける一番の近道で

こういうものだと思うと

自分の英語の型が決まって

論文もすらすら読めるようになるし

書けるようになります

すくなくともまずは3本

つらくても

論文をしっかりと精読すると

自分なりの英語力がついてきます

10本くらいしっかりと読むと

ジャンルの癖、単語や書き方のスタイルになれてきて

早く読めるようになってきます

理系で研究室でこれから英語を

という方は

まずは「論文」を教材にして、読む力を鍛える

余計な教材などに手を出さず

これでいきましょう

 「書く」力を鍛える。ライティング力はどうする?

読むと書くは違う力ですが

基本、すらすら読めるということは

その手のものは訓練すればすらすらかけます

論文を読むことに慣れてきたら、

次はアウトプット、書く力もあげていきましょう

書くには題材ですが、

これまた「論文」を使いましょう

結局、研究室、理系の英語は

論文に始まり、論文で終わります

論文を題材にするのが

表現もぱくれますし一番良いです

特に、

パワーポイントのような

まとめのプレゼン資料を英語で一度作ると

力が付きます

論文は、

背景(Introduction)、

実験(Experimental)、

結果&考察(Results & Discussion)、

結論(Conclusion)で構成されています

各項目をスライド2から3枚で

まとめていきましょう

何度もやっていると

パターンだな

となってきます

背景では、

研究分野の大切なことが書かれていて、

なぜ研究やる価値があるかが書かれています

その分野の

基本英語のライティングスキルを

学んだも同然です

実験・結果・考察は

実を言うと、

結局、グラフやデータなどの図を利用することになるので

あまり英語の書く力は関係ありません

グラフやデータの解説は

ビジネスでも当たり前にありますし

論文特有のことではありません

グラフやデータの説明の仕方、書き方は

非常にオーソドックスですので

他の方の資料やプレゼンを聞いていると

自然とビジネス英語も学べてしまいます

ライティングスキルは書き言葉の勉強なので

本当はコピペが楽ですが

最初はコピペをせずに

しっかりと打ち込みましょう

打ち込むと時間はかかりますが、

それをすることで体で覚えますし力が付きます

積み重ねると、自動筆記の領域になるので

コピペに走らず

そこはこらえて頑張ってください

英語だけやっていればいいわけでは

当然ありませんので

他の業務も考えて

1か月に一本くらいを目安に

論文紹介のプレゼン資料がつくれるといいですね

英語で書くことに慣れてきたら

自分の実験データをまとめる際やプレゼンの発表原稿は

極力英語で書く癖をつけましょう

書いた英語の確認の仕方ですが、

Google翻訳のAIは優れていますし、タダですから

書いた英文を入れて、

自分の言いたかった和訳がでてくるか

チェックしましょう

Google翻訳は、近年、

科学系のワードにも強くなっているので、

正しく書かれていればしっかりと和訳してくれます

もし、しっかりと校閲してほしい場合は

「Grammarly」が無料で校閲をしてくれるので

おすすめです

Grammarly makes sure everything you type is easy to read, effective, and mistake-free. Try it today:

研究にかかわらず英作文に強くなりたいかたには

IELTSの対策本なども使用してみるとよいです

 「聞く力」の鍛え方。リスニング力はどうつける?

リスニング力ですが

とにかく英語を聴くしかないです

いつからまじめにやったかであって

年数に比例して聞き取れるようになります

ただあまりに実力がない

と感じている場合は、

TOEIC対策本などでリスニング力を底上げしましょう

TOEICは、TOEFLなどに比べ簡単です

挫折しにくいです

ただ、

科学的でないワードも多いので

研究で使える英語とは言えない点は

理解しておきましょう

最低限の力がついて来たら

無料動画を利用するのがおすすめです

Youtubeは、

科学系の動画も多いですし

字幕表記、再生速度の調整など

英語の勉強に適した機能があります

動画画面に隠れている「設定」をクリックすると、

字幕と再生速度の選択できるので試してみてください

個人的なおすすめのチャンネルは以下です

CrashCourse

Tons of awesome courses in one awesome channel! Nicole Sweeney teaches you sociology, Carrie Anne Philbin teaches you computer science, Craig Benzine teaches...

世界史、物理、社会学など多様なジャンルを取り扱っていますし

授業形式の動画が作られていて

アニメーションも豊富

Periodic Videos

Your ultimate channel for all things chemistry. A video about each element on the periodic table. And we upload new videos every week about science news, int...

ジャンルは化学

水素などの各元素に関連した実験を紹介している

実験好きにおすすめ

Kurzgesagt In a Nutshell

Videos explaining things with optimistic nihilism. We are a small team who want to make science look beautiful. Because it is beautiful. Currently we make on...

ジャンルは科学全般

アニメーション

科学知識を楽しみながら学べる

その他にも、物理・数学好きには

Sixty SymbolsやNumberphileもおすすめです。

Cool videos about physics and astronomy.
Videos about numbers - it's that simple. Videos by Brady Haran

一本英語の動画を毎日みているだけでも

英語を聴く耳ができてくると思います

コミカルなものがよければ

Huluなどで、フレンズやビックバンセオリーを

聞くのもよいです

字幕機能もありますし

カジュアルな英語なので

一定のレベルがある人はこういう言い方なんだ!

と学べます

きもいとか wierd

このくそ女! manipulated bitch

など、学生生活の英語です

Huluは

2週間無料トライアルがありますので

お手軽に試すことができます

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 話す力。スピーキング力をつける

スピーキングですが

これは筋トレ

プレゼンを英語で発表してみる

留学生などが近くにいれば、

友達になって積極的に会話をする。

レアジョブなど

無料の英会話サービスを利用する。

英会話カフェに言って話す

恥を捨てて

とにかくコミュニケーションをとってみる

ということにつきます

恥といいますが

本当は間違えることは恥ではないのですよね

日本人は

完璧主義みたいなところがありますので

話して友達になろうよ

ぐらいの勢いで

英語を使うことへのハードルを下げることが肝心です

私の場合は

CAMBRIDGE出版の

「Grammar in use Intermediate」

を丸覚えするのも有効でした

 終わりに

英語の勉強だ!と思うと

なかなか続きませんが

全部わからなくてもイイやとか

ブログやインスタグラムなどのSNSでと

生活や文化の一部にしてしまうと

自分の知っている英語から

強化することができます

私も、実を言えば

研究室に留学しにきたドイツ美女と仲良くなりたい!!!

からまじめに英語を勉強してみました

毎日、話をしたいな、というやつです

実はそういうところから

毎日やっていると、

継続は力で大きな力となりますので

ちかくに海外の方がいたら

読む、書く、話す、聞く

をふんだんに使ってみましょう

あなたが完璧でなくても

友達ですし、同僚なら、力になってくれます

それが一番の教材だったりするんですよね


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする