bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【化粧品の成分】ロウ・ワックス

慣用名:キャンデリラロウ(植物由来)、カルナウバロウ(植物由来)、ホホバ種子油(植物由来)、ミツロウ(動物由来)、ラノリン(動物由来)、モンタンロウ(石炭由来)

目的:触感、ツヤ

働き:保湿・蒸発防止・皮膚の保護

特徴:

  • 高級脂肪酸と高級アルコールが結合した、天然の油性成分
  • 温度を持つと液体化することから、硬さ・形状調整、ツヤだしに使用
  • 密閉して保護し、水分の蒸発を防ぐ(エモリエント効果に優れている)
  • ホホバ種子油は、ロウの中でも唯一の液体。値段も安いため、多くの化粧品で使用
  • ミツロウはミツバチの巣、ラノリンは羊の毛、モンタンロウは褐炭からとれるロウ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする